使用済み小型家電のリサイクルとは何ですか?

平成25年4月1日より「小型家電リサイクル法」がスタートしました。
携帯電話やデジカメなどの小型家電には金や銅、希少なレアメタルが含まれています。こうした資源を廃棄物として埋め立てるのではなく、リサイクルして有効に活用しようという目的で施行された法律です。

対象となるのは携帯電話、デジカメ、ゲーム機、時計、炊飯器、電子レンジ、ドライヤー、扇風機など、これまで法律で対象になっていなかったほぼすべての家電です。
(注:テレビ、エアコン、冷蔵庫、洗濯機、衣類乾燥機はすでに「家電リサイクル法」の対象になっています)

スポンサーリンク

小型家電リサイクル法では市町村に回収が任されているので、市町村によって回収する対象品目や収集方法が異なります。現在行われている回収方法の例としては、公共施設や家電販売店、学校などに回収ボックスを設置したり、町内の資源ごみ集積所に回収コンテナを設置して回収するなどです。しかし、自治体によってはリサイクルとして小型家電を回収していないところもまだ多いようです。

現在は回収していない自治体でも、今後、リサイクルとして回収する小型家電の対象品目や回収ボックスが順次増えることが考えられます。
小型家電を処分する際には、埋め立てゴミなどではなくリサイクルとして回収していないか、一度お住まいの市町村に確認してみると良いでしょう。

参考サイト
平成25年4月1日から使用済み小型家電のリサイクルが始まります お住まいの市町村の分別ルールに従い、正しくリサイクルしましょう:政府広報オンライン
http://www.gov-online.go.jp/useful/article/201303/2.html

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

スポンサーリンク

ピックアップ記事

子供服の収納術

2014.5.19

整理が大変!子供服の収納術は?

大人と違って、サイズも小さく、数も多くてかさばりやすいのが子供服。子供服の収納…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る