面倒くさがりな人に掃除をラクさせる掃除用具の収納法は?

掃除道具って結構場所を取ります。安い時に買っておくとあっという間に溜まってしまって…という方も少なくないのでは。

ポイントは「いかに掃除でラクをするか」

掃除とは面倒なものです(しみじみ)。
面倒なものは工夫次第でラクにすることができます。

実際、掃除をする時の動線や掃除道具の使用の仕方を考えて、「掃除道具の場所・置き方」を工夫しましょう。
掃除をラクにすることで、毎日もちょっぴり愉しくなります。

スポンサーリンク

中央か各所に置いて、モチベーションを下げない

掃除機や掃除用ワイパーなどの全体に動かす道具は家の中央に置きましょう。
掃除する場所への動線が放射線状に均等になるので、動かす無駄が少なくて済みます。

2階や部屋数が多い場合は、部屋の近くに掃除道具を置いておくと便利です。
小さいほうきとちりとりのセット、拭きとるタイプのお掃除シートと消臭・消毒スプレーなどがあれば思いついた時にさっと掃除を始めることができます。

道具の得意分野によって決める

それぞれの道具の得意分野によって場所を決めると、置きやすくなります。

例えば、「掃除機とほうき、ワイパー」「お風呂系」「洗濯系」「台所系」「トイレ系」「拭き掃除系(クロス、雑巾、お掃除シート)」のようにカテゴリごとに分けて、なお且つそれぞれに近い場所に、スペースを設けてしまうようにすれば、ガサゴソ道具を探して出して…と掃除の前から疲れるようなことがありません。

見える場所に置くと自然と意識を向けられる

掃除道具は見える場所に置いたり、見やすいようにまとめて置きましょう。

それには、箱やバスケットを使うと簡単。
おうちにあるものを使っても良いですし、100円ショップでも様々な大きさ、種類の物が売っています。

家の雰囲気や自分の好きなテイストに合わせて選ぶと、とってもおしゃれです。
掃除道具をどけるのも箱やバスケットなら簡単ですし、その部分の掃除もラクです。

布巾やクロスなど、引き出しの中にしまうものは、お弁当箱を詰めるように、小さな箱やトレーを使って中を仕切り、その中にしまうようにすると、整頓されて見やすくなります。

見える場所に掃除道具があると、自然と掃除に意識が向くので、掃除への敷居も低くなりますよ。

ほうきやワイパー、お風呂グッズはフックを使うと便利

ほうきなど長いものや、お風呂グッズは、フックを使うと便利です。壁に貼って使えるタイプのフックを使えば、壁に立て掛けて置いた道具がバタバタ倒れたり、お風呂であれば接している部分に汚れが溜まることもありません。

賃貸などで壁に貼るのは心配…という方は、ポールとS字フックを使うと良いでしょう。
S字フックの良い所はポールさえあれば、フックをいくつでも掛けることができるので、場所を選びません。

気がついた時に使いたい物は、出しておく

台所や洗面所、トイレなど、汚れが付いた時にすぐ使えるお掃除ペーパー、タオルハンカチ、クロスなどは、全部きっちり一か所にしまうよりも、1〜2枚出して置いた方が掃除がしやすくなります。

水だけで使用できるメラミンスポンジもおすすめです。
気付いた時にちょこちょこ掃除する癖をつけておくと、一度に掃除する量が少なくなって、時間的にもお得な気分になります。

必要な物だけ出す、それ以外はしまう

箱やバスケットに入れる掃除道具は「毎回使っている物だけ」入れましょう。
掃除道具は必要な物だけ出して、それ以外は捨てるか、未使用の物はしまうようにします。

「見える掃除道具」を限定することは、掃除への抵抗感も減り、「減った分だけ買う」癖が付きます。

【参照サイト】
掃除用具の収納 – ものぐさ主婦の家しごと
http://kataduketai.blog.fc2.com/blog-entry-182.html

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

スポンサーリンク

ピックアップ記事

Tシャツの基本の畳み方

2014.2.5

Tシャツをつまんでクルリンと畳んで簡単収納。ミリタリーロールもオススメ♪

子供から大人まで、みんな大好きTシャツ。 おしゃれな上、手頃な値段で買えるTシャ…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る