クレジットカードの活用法

クレカで公共料金を払えます。

クレジットカードで公共料金を払えるのをご存じですか?たいていの人は公共料金を給与振込口座蒲田は年金の振込口座にしておられると思います。これをクレジットカードで支払うことができるのです。別に、何もわざわざクレジットカード払いにしなくても普通に口座引き落としにしておいて何の不都合もないよっておっしゃるのは当たり前です。でも、どうせ払うんだったら少しでも得したいと思いませんか?

スポンサーリンク

もし、公共料金をクレジットカードで払ったら、当たり前の話ですがポイント対象になります。これ、おいしくないですか?世界でも名だたる低金利国日本では貯金金利はもうほとんどあるのかないのかわからないほどです。そんな中、使ったお金の何%かがモノや商品券になって返ってくるわけです。クレジットカードのポイントは、お金としてみたら少額ですが、ちょっとしたオマケとしてみたら結構うれしいものです。お金を払うとき、少額でもできるだけ電子マネーかクレジットカードで払う習慣をつければそれぞれの出費にオマケがついてくるんです。

どこのクレカを使うか?

何でも、電子マネーかクレジットカードで払う習慣をつけると、何でも後払い決済できるのと同時にに少しずつでもポイントがついてきます。この方法のいいところは、月々きちんと明細付の請求書が発行されることです。請求書をじっくり見て、何を使いすぎたから来月はこの部分は節約しようとかきっちり考える習慣をつけましょう。さて、クレジットカードがこんなに便利で有利なものだとすれば、次に考えたいのはどんなクレジットを使うとより有利なのかということになります。あなたの住んでいるところには大手のスーパーはありませんか?全国的に名を知られた大手スーパーではクレジットカード会社と提携して自社カードを発行しています。このようなカードを使って買い物をすると買い物金額の何%かのポイントがついてきます。それなら、生活用品や食品をできるだけこのカードを使って決済すると生活費そのものに何らかのポイントが付くことになります。これらのカードはそのスーパーの買い物以外の買い物にも使えます。ネット通販の支払いも外出先での食事の支払いにも使えます。電子マネーカードとクレジットカードをうまく併用すると実生活のほとんどの場面で現金がいりません。しかも、これがポイント対象になるんです。ちょっと捨てがたいと思いませんか?

ホントに困ったときクレジットカードは役に立ちます。

ある日、友人と待ち合わせてコンサートへ行きました。チケットはその友人が取ってくれたので、私は友人に現金を払うだけでよかったんですが、この日は大きなミスをしてしまいました。待ち合わせの駅についてから、財布の中を見るとなんと現金が千円程度しかありません。これから、友人と食事やお茶を飲むにしても千円ではとても足りません。飲食店の場合クレジットカードを使えないお店は結構多いので現金を持たないのはちょっとまずいです。それに、第一チケット代がありません。それなら、ATMで現金を出せばいいのですが、あいにくその日はキャッシュカードを作った口座には残高がなかったんです。普段、キャッシュカードを一度紛失している私は、キャッシュカードの口座には余分なお金を入れていません。かと言って、友人にお金を借りるのもどうかと思います。こんな時、便利なのがクレジットカードなんです。私はキャッシングの利用経験がなかったんですが思い切って利用してみるととっても簡単!ホントに困った時、クレジットカードは急場をしのぐのにもお役にたちます。ただし、この簡単さが大きな落とし穴にもなることがあります。クレジットカードの請求書は必ずきちんとチェックして毎月きっちり反省しましょうね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

スポンサーリンク

ピックアップ記事

2015.2.15

キッチン収納を成功に導く9つのポイント

「平日、仕事帰りに買い物から帰ってきて、次々と食材を詰めていたら、週末に見て…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る