ぬいぐるみのホコリを取るには?

汚れが軽いものであれば、洋服ブラシや掃除機で表面の汚れを落としていきます。
ぬるま湯か、おしゃれ着用の洗剤を水に溶かしてしみこませて固く絞った布で、表面をふいてあげるのもよいでしょう。

その際は、取り扱い絵表示を見て洗えるか(水が使えるか)必ずチェックをし、水ぶきで色落ちのするものはからぶきや洋服ブラシで表面の汚れを落とすだけにとどめ、また、特殊素材(皮、ウール、水で色が落ちるもの、アンティークのもの、大きいサイズのもの)もクリーニング店などプロにおまかせしましょう。

スポンサーリンク

水洗いができ、汚れやにおいがひどい場合は、洗濯をします。
ぬいぐるみは目や鼻、手足の縫合など繊細にできているため、水を吸うと重くなり、その分そこに負担がかかります。

洗濯機を使う場合は、洗剤はおしゃれ着用の洗剤で、弱流、手洗いコースを使い、脱水も1〜2分と短めに。目や鼻がボンドでついている場合など、洗濯機で洗うと傷むのが心配な場合は、部分洗いや手洗いがおすすめです。
まず、手洗いの仕方ですが、たらいに洗剤液を張り、ぬいぐるみを5〜10分ほど浸け置きし、毛並みにそってブラシなどで洗います。

すすぎは、たらいの中の水(30度までのぬるま湯がよい)を2〜3回ほど変えながら、ぬいぐるみみを優しくもむようにします。

仕上げに柔軟仕上げ剤かお酢を小さじ1ほど入れるとふんわりさっぱり仕上がります。

脱水は洗濯機であればぬいぐるみをタオルにつつみ、さらに洗濯ネットに入れて1〜2分脱水をかけます。
もちろん手で押すようにして軽く絞っても問題ありません。

リボンなど外せる付属品がある場合はは外して別洗いをします。洗濯機を使う場合は、弱流かドライコース、手洗いコースを選びます。

脱水は長めにかけないこと。タオルなどと一緒に洗濯すると洗濯機内でガタガタすることがなく、ぬいぐるみも傷みにくいです。
干すときは手でぱんぱんとたたき、つるして風通しのよい日陰で干します。
中が乾くまでじゅうぶんに乾かすこと(完全に乾くまで、数日かかります)。

洗濯干し用ネットがあると便利です。部分洗いをする場合は、おしゃれ着用洗濯洗剤の液を綿棒につけて汚れているところをぽんぽんとたたくようにこすります。

洗剤を泡立てて歯ブラシなどにつけてつかってもOK。洗剤がしみこまないうちに固く絞った布で水ぶきをして、洗剤がぬいぐるみに残らないようにします。

参照サイト
意外と簡単!ぬいぐるみのお手入れ・洗濯方法 – NAVER まとめ
http://matome.naver.jp/odai/2133877854114163601
ぬいぐるみの洗濯方法教えて下さい。 – Yahoo!知恵袋
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1174116521
ぬいぐるみの洗濯 – [洗濯] – All About
http://touch.allabout.co.jp/gm/gc/20551/2/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

スポンサーリンク

ピックアップ記事

2015.5.20

収納家具を選ぶポイント

おうちの収納と切っても切り離せない関係の収納家具。 収納家具ってどんなものが…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る