どうして揚げ物をしたり魚やお肉を扱ったりするのが嫌なのかって、手が汚れるからだという人もいるでしょう。衣をつけるときに、手がベタベタするのが嫌。魚やお肉などを素手で触ると、手に油がつくし臭いも移る。かといって、箸や手袋を使うとやりにくい…。

そんな方々の指先に代わってくれるトングがあります。

スポンサーリンク

その名も「ゆびさきトング」は、手をなるべく汚さないで調理したいときに大活躍。揚げ物の衣をつけるとき、油分が多いものや臭いが強いものを扱うときも、ゆびさきトングを使えばスムーズに調理が進みます。

トングならもう持っているという人もいるかもしれません。でもゆびさきトングは一般的なトングとは違って特殊加工が施され、柔らかなバネ性があるんです。そのおかげでただ物をつかむだけじゃなく、まるで自分の指のように使えるのが大きな魅力です。

調理に使うならただのトングより、ゆびさきトングがとても便利。ステンレス製なので衛生的で、お手入れにも手間がかかりません。

スポンサーリンク