見た人が思わず「これは何?」と聞きたくなってしまうもの。人の形をしたそれは、アイロン台。
他のアイロン台と違った形は、ただ見た目を楽しませるためのものではありません。機能と掛け心地を追及した結果、誕生したのが人体型アイロン台の「トルソープレス」なんです。

トルソープレスは、タイトなシャツでも腰のくびれにピタッとフィット。そのため、アイロン掛けによって形が壊われる心配がありません。

スポンサーリンク

なかなか一気にアイロン掛けができないシャツも、トルソープレスなら簡単。少しずつアイロンを掛けるときのように、シワが寄ることも少なくなります。袖口部分はトルソープレスの首の部分にかぶせれば、簡単に仕上げることができます。

機能性はわかったけど、掛け心地ってどういうこと?
トルソープレスはスライド式のフック付なので、洋服と一緒に掛けておくことができるんです。アイロンをもっと効率よく掛けたい人にはもちろん、かさばるアイロン台の収納場所に困っていた人にもおすすめです。

スポンサーリンク