デザインが良かったり使いやすかったりする紙袋を、ただ捨ててしまうのはもったいないですよね。
大切に取っておけばちょっとしたときに使えるし、オシャレなものはプレゼントを入れるにもぴったり。

紙袋を取っておくのはいいけれど、困るのが収納場所。1枚や2枚ならまだしも、何枚何十枚ともなると結構な場所を取ります。
引き出しに入れれば下の方のものを取り出しにくいし、適当な大きさやデザインのものを探すのも大変。

スポンサーリンク

そんなときは、紙袋の収納性に優れた「紙袋収納ボックス」を使ってみてはいかがでしょう。
紙袋収納ボックスには4つのポケットがあり、サイズや種類ごとに分けて入れておくことができます。
分類しておけば目当ての紙袋を見つけやすく、小さいものが行方不明になってしまうこともありません。

そのボックスだって、入る量は限られているだろうという人もいるかもしれません。実はそれも、この紙袋収納ボックスのメリットの一つ。ストックしておくのは、このボックスに入る分だけと決めてしまえばいいんです。

新しい紙袋ができたら古いものを処分する、あるいはボックスがいっぱいなのでこれ以上増やさない。そうすれば、大量になった紙袋に困り果てることもありません。
紙袋ってたくさんあっても、実際に使うのは限られていませんか?

スポンサーリンク