箸置き不要の浮いた箸。その名もウキハシ

食事中、食器の上に箸を置くのは「渡し箸」というマナー違反。テーブルの上に直接置くのは不衛生だし、それもやっぱりマナーに反した行為になってしまいます。

箸置きを使えたらスマートではあるものの、使い慣れていなければ面倒に感じてしまうものでしょう。わずかとはいえ、洗い物が増えるのも嫌なものですよね。

直接置いても、箸先さえテーブルにつかなければいいのに。そう思う方は「ウキハシ」を見逃せません。ウキハシとは、箸置き不要の箸。なぜ箸置きが要らないのかというと、ヒミツは箸先にあります。

スポンサーリンク

ウキハシの先端は浮き上がっているので、そのまま置いても箸先がテーブルに触れることがありません。また、持つときには丸いくぼみをそろえるようにすれば、自然とキレイな形で箸を使うことができます。箸の使い方に自信がない方にもぴったり。

ウキハシは黄・朱・桜・緑茶の全5色で、スタンダードとミニの2サイズがあるので、家族それぞれに合ったものを選べます。他に、木製のウキハシもありますよ(^^)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

スポンサーリンク

ピックアップ記事

2015.11.20

子ども部屋の収納はどうすれば良い?

お子さんの遊ぶ・勉強する・着替る・眠るといった生活の場である子ども部屋。子どもの…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る