形別・スカートのアイロンのかけ方

スカートは形によってアイロンがけのしかたが異なります。

どれも同じかけ方をして形状を損なうことのないように、それぞれのポイントをしっかり押さえておきましょう。

スポンサーリンク

一般的な基本のかけ方

まずは一般的な基本からご紹介します。スカートは、裏地のあるものは裏地からアイロンをかけます。ズボンと同じく脚つきのアイロン台を使い、次の手順で行いましょう。

  1. 裾からはかせるようにしてアイロン台に置き、裾からウエスト方向へ向かって回しながら全体をアイロンがけします。特に脇の縫いしろはしっかり開いて縫い目をかけましょう。ここで裏地もサッとかけておきます。
  2. 表に返して台にはかせ、裾がまっすぐになるようにかけます。ウエスト周りのかけにくいところは、バスタオルを入れるとかけやすくなります。

フレアスカート

ただし、フレアスカートの場合は、布のななめの方向にかけると、布地が伸びて型くずれしてしまうので注意が必要です。布をひっぱってみて、伸びない方向が布の方向です。布地の方向をよく確かめ、その方向にアイロンがけをしましょう。

ギャザースカート

ギャザースカートの場合は、ウエストに近いギャザー部分の仕上がりがポイントとなります。片手でウエスト部分を持ち、裾からギャザーの根元までアイロンの先を入れ、それから戻し気味にするときれいにできます。ギャザー部分はアイロンの先端を使ってかけましょう。

プリーツスカート

プリーツスカートは、折り線をしっかりつけるのがポイントです。プリーツをかけるのは一見大変そうですが、スカートをアイロン台にはかせるようにして置き、プリーツを2〜3本ずつ整えながら、裾からウエストに向かって滑らせるようにしてかけるとうまくいきます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

スポンサーリンク

ピックアップ記事

Tシャツの基本の畳み方

2014.2.5

Tシャツをつまんでクルリンと畳んで簡単収納。ミリタリーロールもオススメ♪

子供から大人まで、みんな大好きTシャツ。 おしゃれな上、手頃な値段で買えるTシャ…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る