契約期間中に免許の色が変わったら

自動車保険に加入する際、免許証の色を申告しますよね。最も事故のリスクが少ないと言われる35歳以上で最大10%の割引が適用されますから、優良ドライバーの特典と言えるでしょう。

ただ、何か違反をしてしまい、ゴールド免許からブルー免許に変わってしまったらどうなるでしょう?「告知義務違反って?」で通知義務違反にも触れましたが、免許の色が変わったのを黙っていたら通知義務違反になるでしょうか?

では、逆に、契約期間中に免許の更新があり、ブルー免許からゴールド免許になったとします。ここで保険会社に連絡すると保険料の割引は適用されるでしょうか?

スポンサーリンク

実は、契約期間中に免許証の色が変わっても、保険料が変わることはありません。つまり、ゴールド免許の人がブルー免許になり、そのことを保険会社に知らせなくても通知義務違反になりませんし、ブルー免許の人がゴールド免許に変わっても、保険料が安くなることはありません。

保険料を安くする限定条件などは、契約期間中に変更することで保険料が変わりますが、免許証の色は契約開始日を基準にして考えますので、保険料に影響するのは次回更新時になります。各保険会社はゴールド免許割引を前面に出してアピールしていますが、意外とこのことについて説明してないことようなので、参考になればと思います。

自動車保険は弁当箱 – 分かりやすく事故に備える記事メニュー

<ライター:森村仁

この記事を書いた人

森村 仁
森村 仁 公式HP
Soul Kitchen【活動エリア】北海道
得意分野が作曲編曲、自動車保険、カルトムービーという変わり者。
人生のほとんどを神奈川・東京で過ごしましたが、現在は故郷函館で暮らしております。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

スポンサーリンク

ピックアップ記事

部屋の収納術

2015.5.26

部屋の収納で気を付けること

新生活、引っ越しをされて新しいお部屋をどう作っていくか心ワクワクされている方も多…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る