過失割合はどうやって決まるの?

意外と知らない過失割合の話

交通事故は想像以上に多いものです。軽微な事故であれば現場検証もすぐ終わるので、事故だと気づかないこともあるほどです。道を歩いていて、車二台が路肩に停車し、お巡りさんが双方の話を聞いている光景を目にしたことはありませんか?あれはケガの無い事故の現場検証です。

スポンサーリンク

では、交通事故における重要項目である過失割合は、どのように決まるのでしょうか?

  • 警察が決める。
  • 事故当事者の主張で決まる。

どちらも違います。

たまに正義感の強いお巡りさんが「アンタが8割悪い!アンタが2割!だから仲良くしなさい!」と仲裁に入ることがあるようですが、それはお巡りさんの主観です。現場検証を行い、記録するのは警察ですが、過失割合は民事上の問題になりますので、警察が決めるということはありません。次に事故当事者の主張は交渉に影響することはありますが、これも違います。

ガイドブックがある

実は、交通事故には過去に起きた事故を元に、想定される事故状況と過失割合を判例としてまとめた、その名も「判例タイムズ」という書籍があります。

これは単に事故状況と過失割合が掲載されているだけでなく、「同じような状況でも速度超過で過失を○%プラス」といった修正要素というものも一緒に掲載されています。これを一次見解として、具体的な交渉に入っていきます。勿論、当事者にとっては「それじゃ納得できない」ということもありますから、主張などを考慮し、さらに細かに決めていきます。

なお、ポイントは、保険会社は提案をし、当事者の合意があったうえで過失割合が確定するという点で、一方的に保険会社が決めることは無いという点です。ですから、もし事故に遭った場合、相手保険会社から「割合はこうなります!」と突きつけられ、納得がいかない場合は根拠を聞いてみましょう。

自動車保険は弁当箱 – 分かりやすく事故に備える記事メニュー

<ライター:森村仁

この記事を書いた人

森村 仁
森村 仁 公式HP
Soul Kitchen【活動エリア】北海道
得意分野が作曲編曲、自動車保険、カルトムービーという変わり者。
人生のほとんどを神奈川・東京で過ごしましたが、現在は故郷函館で暮らしております。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

スポンサーリンク

ピックアップ記事

2015.5.26

部屋の収納で気を付けること

新生活、引っ越しをされて新しいお部屋をどう作っていくか心ワクワクされている方も多…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る