コンロ周りの汚れ落としはアルミ箔におまかせ!

ふきこぼれのこげつきがゴテゴテに固まってしまうガスコンロ。

いくらこすってもとれないからと、見て見ぬふりをしてしまっていませんか?

コンロ周りの汚れは、アルミ箔を使って落とすことができます。

スポンサーリンク

ガスコンロの受け皿

料理でアルミ箔を使ったら、捨てずに丸めて受け皿を磨きましょう。クレンザーをつけてこすれば金属タワシより強力で、こびりつきが簡単に取れます。長い間手入れをしていなくてこれだけではどうしても取れないという場合は、次の手を使ってみましょう。

まず、受け皿に少量の水を入れて台所用洗剤を溶かしておきます。こうすると、普通に料理をしているときに火で温められて、こびりつきがゆるんできます。煮炊きが終わったら、丸めたアルミ箔でこすると簡単に汚れが落ちます。

五徳

温かいうちに丸めたアルミ箔でこびりつきをこすります。もっと強力なのは、クシャクシャにしたアルミ箔をこびりつきのひどい部分に巻いて、その上からペンチで挟み込み、グリグリと前後に回してこすり落とす方法です。

魚焼きグリル

魚の汚れがついた網はそのまま火にかけて燃焼させ、その後水で洗い流し、こびりつきをアルミ箔で落とします。グリルの受け皿は、使う前にアルミ箔を敷いておけばどんなに油で汚れても安心です。

脂分の多い魚を焼くときは、受け皿に小麦粉を撒いておくと脂分を吸ってくれるので、洗うときにヌルヌルせずすぐに汚れが落とせます。ちなみに、グリルにあらかじめお茶の葉をひとつかみ撒いておくと、魚臭さが消え、芳香剤にもなります。

ガス管

案外見落としやすいのがガス管です。油汚れなどで意外とベタベタしがちなので、アルミ箔を巻いて汚れと老朽化を防ぎましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

スポンサーリンク

ピックアップ記事

部屋の収納術

2015.5.26

部屋の収納で気を付けること

新生活、引っ越しをされて新しいお部屋をどう作っていくか心ワクワクされている方も多…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る