覚えておこう!収納における分類のためのキーワード

モノを収納する方法は、使用頻度別に分類するだけとは限りません。迷ったら、次のキーワードをヒントに自分なりの分類方法を見つけてみましょう。

衣食住

「衣」=身につけるモノや布製品、「食」=食べ物、「住」=それ以外の住まいに関するモノ…と分類し、それぞれに収納スペースを考えます。

スポンサーリンク

季節

寝具や衣類を春夏用・秋冬用と分け、季節ごとに手前と奥に入れ替えます。

家族別

個人のモノは各人の個室へ分類し、共同で使うモノはリビングやダイニングなどの共有スペースに置きます。

アイテム別

取り皿・小皿・スープ皿・サラダボウル・グラス・マグカップといった、誰が見てもわかる種類別になります。

パッケージ別

これも、たとえば食品の場合は、箱物・袋入り食品・缶詰・ボトル(大)・ボトル(小)といった、目で見てわかる分け方です。

中身の状態別

たとえば食品を中身の状態で分けると、液体・粉類・固体などとなります。

高さ別

調味料ボトル・靴・食器セットなどを分類するときに有効です。同じ種類のモノであっても、さらに高さ別に分類することで、それぞれにふさわしい場所に収納できます。

形別

丸・四角・不定形(袋モノ)などの形によって分類します。同じ形のモノを集めると、収納グッズにまとめやすく、中にムダな空間を作らないので、収納量も確保できます。

使用状況別

今使っているモノと未開封のモノ(ストック品)による分類です。よく使うモノだけを取り出しやすい手前に置くようにします。

使用シーン別

レジャー用品・パーティー用品など、同じタイミングで使うモノをひとまとめに分類すると、一度に取り出せて、普段の管理もしやすくなります。

自分にとって使いやすい分類が一番!

分類には、こうであるべきというきまりはありません。自分が分けやすく、使いやすい分類にしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

スポンサーリンク

ピックアップ記事

防災袋と食品備蓄の違い

2014.12.21

備蓄食料や備蓄飲料の消費と収納法は?

「備蓄食料」「備蓄飲料」、どうしてますか? 「置く場所がないのであんまり気にして…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る