クルクル巻く派?ハンガーに吊るす派?選びやすく仕舞いやすいネクタイの収納術

人柄や個性も表れるネクタイは、見せる収納にぴったり。
カッコよく収納して、気持ちにもゆとりとスマートさを掲げましょう。

スポンサーリンク

見せる=魅せる

見せる収納はすなわち魅せる収納です。
そのメリットは、大きく3つ。

  1. 見た目にも、楽しさや美しさを持たせることで毎朝の身支度が楽しくなる
  2. 見せる事でどこに何があるか分かりやすい
  3. 見やすいので、傷んでいたり古くなっている物が一目で分かり、処分がしやすい

特にネクタイは、TPOによって使いたい色や柄をすぐ取り出せることが必要です。
これらを考慮してネクタイを収納すれば、「巻く方法」、「吊るす方法」のどちらでも収納上手になれるでしょう。

ネクタイを巻く収納

巻く収納のなんといっても便利な所は、

  • シワになりにくい
  • 取り出しやすい

所です。
同系色や柄でタイルを埋めるように分け、透明なケースに入れれば、ちょっとしたインテリアにもなるので、本数が多い場合や、プレゼントなど、大事な物を収納したい時にオススメです。

ロールケーキ型

端のほうからくるくるっと巻いてロールケーキのようにしたら、ひとつずつ並べて仕舞います。
仕切りのついた箱や引き出しであれば、さらに見やすくなります。最初から仕切りの付いた物を使ってもかまいませんが、厚紙やトイレットペーパー、ラップなどの芯を使ったり、小さな箱を並べても簡単です。
ネクタイを巻く収納

おにぎり型

ネクタイの細い方から三角形を作り、雪だるま方式で巻いていき、おにぎりのような形を作ります。
巻き終わりを、作った折り目に差し込むようにすれば、ほどける心配もありません。並べて可愛いのはもちろん、クリップやピンで留めてもおしゃれ。タイルのように上下で組み合わせて収納しても良いですね。
ネクタイをおにぎり型に

ネクタイを吊るす収納

吊るす収納の良い所は、

  • 帰って来てから仕舞いやすい
  • 場所を取らない

事です。
吊す収納は、自然とシャツやジャケットなどと同じ場所に仕舞う事になるので、身支度の際もとても楽になります。

小物を上手に使う

ネクタイを吊すには、「掛ける場所」が必要です。
その代表的な物は、ハンガーとポールでしょう。

ハンガーは最近では、多目的ハンガーや、モノが多く掛けられる形のハンガーも売られていますから、100円ショップやインテリアショップ、雑貨屋さんなどで探してみるのも面白いですよ。
ネクタイを吊るす収納
ポールは一本でもたくさん掛けることができますが、上下をずらして2段にすると、互い違いになって見やすくなります。あるいは水平に2本にすれば、空いたところに箱などの収納ケースを乗せられるなど、使い方によってどのようにも使えます。
ネクタイをポールに吊るす

仕舞う時に気を付けたい、それはズバリ…?

ネクタイのみならず、収納する時に気を付けたいのは、ズバリ、湿気とホコリです。

これらは外から持ち込まれる物。
せっかく上手に収納しても、湿気やホコリを含んだ状態でしまえばカビや虫のもとになって、他の衣類を傷める原因になることも。

収納する際は、よく乾かし、表面に付いたホコリ類を落としてから仕舞いましょう。

特に、シーズンオフなど長期に渡って仕舞う場合や、蓋付きの収納ケースや箱に仕舞う場合は、湿気取りや乾燥剤・防虫剤を利用して、生地へのダメージを無くしましょう。

【参考サイト】
参考になる。ネクタイの収納アイデア集 – NAVER まとめ
http://matome.naver.jp/odai/2133908065941931101
ネクタイ掛けがいらない!シンプル収納法 | nanapi [ナナピ]
http://nanapi.jp/80074/
ネクタイの収納方法でいいアイディアはないでしょうか? 主人は以前営業の仕事をし… – Yahoo!知恵袋
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1448313734
ショーケース感覚!ネクタイを選びやすくかつ取り出しやすく収納する方法 | nanapi [ナナピ]
http://nanapi.jp/86026/
夫の散らかったネクタイを可愛くキレイに収納する方法【画像有】 | 美容ブログ [女性の美学]
http://josei-bigaku.jp/lifestyle/tiestorage9639/
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

スポンサーリンク

ピックアップ記事

2015.11.20

子ども部屋の収納はどうすれば良い?

お子さんの遊ぶ・勉強する・着替る・眠るといった生活の場である子ども部屋。子どもの…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る