いざという時のために整理しよう

パソコンや携帯、家電製品といった物に必ず付いてくる取扱説明書や保証書の数々。なくしてしまうと、故障した時などに困ってしまうため、適当に片付けておくわけにもいきません。

ですが、買ってすぐにファイルせずにいたら、どこかにいってしまったという経験もあることでしょう。また、ファイルしてもたくさんありすぎて何が何だか分からないというのも多いですよね。

そうならないためにも、取説の整理方法はとても大切です。

入れ替え可能にするために用途別に収納

取扱説明書は、買った順に整理する人が多いと思いますが、電化製品を買い替えた時には少し困ってしまいます。
古い取説を捨てて、新しい取説は新しい位置に整理するには、一度全部出すことになってしまうので面倒ですし、失敗すると散らばってしまう可能性があります。

もし、ファイルを使用するなら、リング式にしてページを抜いたり追加したりするのが簡単なものを選びましょう。また、ただファイルに入れていくだけでは、すぐにファイルがいっぱいになってしまいます。

取扱説明書は、いつか入れ替えることを想定した上で、買った順でまとめるよりも、最初から用途別で整理した方が管理しやすくなります

ファイル以外に、ファイルボックスなどを使うと、簡単に整理することできます。例えば、キッチン家電、オーディオ関連、インテリア関連、おもちゃなどなど、ざっくりと分けると楽です。

きちんと同じ系統の製品ごとに分類しておけば、いざというときにすぐ取り出して使うことができます。

スポンサーリンク

お読みいただきありがとうございます。もしよろしければ、シェアをお願いいたします。

5月5日【端午の節句】準備はお済みですか?
絞り染め鯉のぼりの画像

京都の絞り染め着物職人が作る「室内用鯉のぼり」。着物の正絹を使い、昔ながらの職人技で丹念に手作りしています。

日本の伝統をお部屋に飾ってみませんか?

こどもの日のあとも、和を彩る壁飾りとして、子どもの健康と成長をいつまでも見守るお守りとして、ずっと飾り続けられるインテリア鯉のぼりです。