強欲な「ざぼんじいさん」が登場する絵本です。
ざぼんじいさんはいつも、甘い柿をひとりじめ。そんなある日、ざぼんじいさんの隣に、「まあばあさん」が引っ越してきました。

ざぼんじいさんがまあばあさんにくれるのは、柿のへたや、葉っぱや、枝。柿の実はひとつもくれません。でも、まあばあさんはいつも喜んで帰って行きます。はてな?「なんで、へたが、うれしいんだ?」

ケチなおじいさんと、何でも喜んで受け取り、それで子供たちと楽しく過ごすまあばあさんのやり取りが面白いです。

教訓的なところが少しもなく、読み聞かせしていると子供と一緒に親も笑ってしまいます。3〜4歳から楽しめる内容です。
さて、最後はどんな結末になるのでしょうか?読んで楽しんでください。

『ざぼんじいさんのかきのき (のびのび・えほん)』すとうあさえ・文、織茂恭子・絵、岩崎書店、2000年

スポンサーリンク

お読みいただきありがとうございます。もしよろしければ、シェアをお願いいたします。

栄養野菜そのまんまパウダー
青汁を一杯あたりの価格で比較

自然野菜の粉末100%は、青汁がおすすめ! 栄養価の高い原材料を使っているから、しっかりと野菜を摂取。

青汁カフェなら、一杯あたりの価格で青汁を比較できます。

気になるあの青汁は、一杯いくら?

野菜不足が気になるけれど、サプリメントはちょっと・・・という方にも、天然素材100%の粉末青汁なら安心ですね。

野菜不足で健康を損なう前に、一度お試しください。