おもちゃの不用品回収の料金

便利屋サービスのおもちゃの不用品回収とは、いらなくなったおもちゃを引き取り処分することをいいます。

おもちゃの不用品回収料金の概要

おもちゃ/子供用遊具ひとつひとつに回収費用を定めている便利屋が多いようです。
料金は、おもちゃの重さや大きさ、処分の困難さで決められます。
少量のおもちゃだけで回収を依頼する場合、運搬出張費を考えるとかなり割高になりますので、他の不用品回収と一緒に依頼するのが良いでしょう。

こんな時に便利屋へおもちゃの不用品回収の依頼ができます

  • 引越前後でおもちゃを処分したい
  • いらないおもちゃを処分したい
  • 子供が大きくなったので、遊ばなくなった遊具を処分したい
  • 量が多くて自分で処分できない
  • 自分で回収場所まで運ぶのが面倒
おもちゃの不用品回収の金額目安と価格相場
不用品 回収価格
子供用遊具、おもちゃ 300円〜
一輪車、三輪車 1,000円
ゲーム機 500円
ベビーカー 1,000円〜
子供用自転車 1,000円〜

その他、運搬出張費(料金目安2,000円〜3,000円程度)

おもちゃの不用品回収価格の具体例

14,000円(不要になったおもちゃ30数個)
(※東京の便利屋の例)

おもちゃの不用品回収のサービス例
  • おもちゃの収集
  • おもちゃの処分
  • おもちゃの買取
おもちゃの不用品回収を依頼する際の注意点
  • 見積りを取る(複数)
  • 一般廃棄物収集運搬業の許可を受けている便利屋に依頼すること
  • 買取の場合は、古物商の許可を受けていること
  • 作業時の立ち会い(家財の破損防止、紛失・盗難防止など)

コラム 〜 人形供養について

子どもが大きくなって、おもちゃの処分をする時、ぬいぐるみやお人形を簡単に処分してしまうのは、何となく悔やまれますよね。
動物や人間のカタチをしたぬいぐるみやお人形は、魂が込もっているものに感じられ、ゴミとして処分をすることに抵抗があるのは当然です。

できれば、ぬいぐるみやお人形は、「人形供養」というカタチで一緒に遊んでくれたことに感謝をし、心を込めて供養したいものです。

人形供養で有名な寺院

人形供養を行うことができる寺院は、全国にも数多く存在しますが、中でも有名な寺院に千葉県の「長福寿寺」があります。
長福寿寺は、桓武天皇の勅令によって天台宗の祖である最澄が建立した由緒ある寺院で、人形供養が始まったのは400年もの昔にさかのぼるといいます。

長福寿寺には、人形供養をするための本尊・十一面観音菩薩がまつられており、読経供養の後、お人形専用の火葬炉で「お焚き上げ」を行います。
長福寿寺ではぬいぐるみやお人形を「処分」するのではなく「供養」することで、持ち主の感謝の気持ちを大事にしてくれます。

お人形専用の火葬炉も、環境に配慮したダイオキシン対応型のものを使っており、非常に細やかな気が届いた供養を行ってくれます。

人形の代理供養サービス

生まれたばかりの子どもたちが、おじいちゃんおばあちゃんからいただいた初節句の日本人形やひな人形も、いつかはお別れをしなければいけない時がきます。
一般社団法人日本人形協会では、ゆうパックによる日本人形の供養代行サービスを行っており、引き取られた人形は、東京大神宮で毎年10月に行われる「人形感謝祭」で供養をしてもらえます。

もちろん、便利屋でも代行サービスを行っているところがありますので、遠慮なく気軽に問い合わせてみてください。

生まれたばかりの子どもたちが、おじいちゃんおばあちゃんからいただいた初節句の日本人形やひな人形も、いつかはお別れをしなければいけない時がきます。
一般社団法人日本人形協会では、ゆうパックによる日本人形の供養代行サービスを行っており、引き取られた人形は、東京大神宮で毎年10月に行われる「人形感謝祭」で供養をしてもらえます。

もちろん、便利屋でも代行サービスを行っているところがありますので、遠慮なく気軽に問い合わせてみてください。