ミニ引越しの料金

便利屋の行う引越しとは、家具や道具などを新しい家に移動することをいいます。

①こんな時に便利屋にミニ引越しの依頼ができます。
・単身赴任の引越し
・ワンルームの引越し

②ミニ引越しの価格の概要
引越しは部屋や家の広さなどによって価格は異なりますので、一般的に見積りを取っての決定となります。
また、簡単な引越しの手伝いなどは時間給制を取っている便利屋も多くあります。

③価格の目安
例えば、梱包をするかしないかなど、どこまでの作業を便利屋に頼むかによって価格は大きく変わります。
基本的には作業時間+車両費+出張費が料金となる場合が多いです。
時間給は地域によって違いますが、
2,500円〜4,000円/時間が相場です。
(都心部に近いほど価格は高くなります)

④価格の具体例
8,000円 (重い物だけを運んでもらい他は自分の車で移動)
(※東京の便利屋の例)

⑤ミニ引越しサービス例
・仕分け
・梱包
・ハウスクリーニング
・搬出、搬入
・脱臭
・害虫駆除
・破損箇所のリフォーム

⑥ミニ引越しを依頼する際の注意点
・見積りを取る(できれば複数)
・隣近所への挨拶(トラックや作業員が頻繁に出入りするため)
・不用品やゴミの引き取りは可能か。(清掃の後は必ずゴミが出ます)
・貴重品を置いておかない(紛失・盗難防止)
・作業時の立ち会い(家財の破損防止、紛失・盗難防止、作業度合いの確認など)
・作業後のチェック(家財の破損防止、紛失・盗難防止など)

 

コラム 〜 単身赴任で頑張るパパはちょっと違う

長年勤めてきた会社から転勤を言い渡されるパパは、予想以上に世の中にたくさん存在しています。夫婦2人だけなら、一緒に勤務先へ引っ越して生活をすることも可能ですが、子どもたちが既に学校に通い、転校を避けたいという場合、パパが一人で単身赴任するケースが多いのです。

☆国外へ単身赴任するパパも
国内の転勤ならまだしも、国外へ転勤を言い渡されるケースも少なくありません。こんな時、会社を辞めるか仕事をとるか、かなり悩ましいことと思います。でも、海外の支社に行くということは仕事の幅が相当広がりますし、キャリアを積むことができます。しかし、言葉も違う国で一人生活をするのですから、かなりの覚悟が必要です。そのため、国外へ単身赴任を決意する人は、ほとんどが仕事にやりがいと責任を感じている前向きな人が多いようです。今では、インターネットが普及していますから、スカイプなどで子どもの成長も見届けることができますが、やはり、孤独との戦いになることは間違いありません。

☆単身赴任は家族の理解が必要
単身赴任をすることで、奥さんの方が、旦那さんが家にいないのが楽になってしまうという残念なケースもあるようです。パパは家族のために仕事を頑張るために一人頑張っているのですが、たまに帰ってきても邪魔者扱いされてしまうことが多いのも事実です。家族を置いて、自由気ままな生活を送っているという見方はかわいそうです。離れていても、家族の気持ちは一緒だという意識で、いつでもいたわる心を忘れたくないものですね。