空室クリーニングの料金

空室クリーニングは、引っ越し時の入居前クリーニング、退去時のクリーニングを実施します。部屋全体の拭き掃除、掃除機掛け、天井や壁面のスス払い、ドアや扉の掃除、スイッチパネルの洗浄など、空室全体のクリーニングを行います。

①こんな時に便利屋に空き室クリーニングの依頼ができます。
・引越前後のクリーニング
・故人の家のクリーニング
・細かく掃除をするのがニガテ
・仕事や子育てで丹念な清掃まで手が回らない
・病気やケガ、あるいは高齢などで清掃ができない

②清掃の価格の概要
このように特定の箇所に絞ってのクリーニングの場合、部屋単位で一定の料金を定めている便利屋がほとんどです。

③価格の目安
2LDK・3DK(マンション)40,000円〜64,000円
(一戸建て )48,000円〜80,000円が相場です。
※不用品処理の量によって価格は大きく変わります。

④価格の具体例
3lK 48,000円(不用品処分、掃除機によるクリーニング、ワックスがけ)
(※東京の便利屋の例)

⑤空室クリーニングサービス例
・ゴミの選別
・不用品処分
・掃除機による部屋の床のクリーニング
・家具や照明などのクリーニング
・アレルギー対策のクリーニング(タンスの裏のホコリの除去など)
・ワックスがけ

⑥空室クリーニングを依頼する際の注意点
・見積りを取る(できれば複数)
・不用品やゴミの引き取りは可能か。(クリーニングの後は必ずゴミが出ます)
・クリーニングの場所を明確に伝える(事前確認、プライバシーの保護など)
・クリーニングの度合いを明確に伝える(ガラス拭きやワックスがけまでなど)
・作業時の立ち会い(家財の破損防止、紛失・盗難防止、作業度合いの確認など)
・作業後のチェック(家財の破損防止、紛失・盗難防止など)

 コラム 〜 入居者を絶やさないために

入居者が引っ越しをしたことによって、持ち物件に空き部屋ができた時、速やかに空室の掃除を行わなければいけません。また、何年も空室になっている部屋は、ホコリまみれになっている可能性があるため、定期的にクリーニングを行う必要があります。空室であっても、常にキレイな状態に保つことが、入居者を絶やさないための秘訣です。

☆引っ越し直後の空室
入居者が引っ越しをした直後は、必ず掃除・クリーニングを行いながら、傷や破損などがないか点検を行います。万が一、傷や破損などがあった時は、当然のことながら修理を行う必要があります。さらに、修理だけでなく、空室のクリーニングをしておく必要もあります。入居者の生活によって生まれた汚れは、生活者によってなされた掃除だけでは十分ではありません。次の新しい入居者のために入念なクリーニングや抗菌処理を行っておくことが大事です。

☆しばらく入居のない空室
1年以上入居のない空室は、ホコリまみれになっていたり、羽根虫が発生してしまったりして、次の入居者に迷惑をかける場合があります。また、キレイになっていない状態で物件の見学が入っても、非常に悪い印象を与えてしまいます。入居者を絶やさないためには、空室であっても、こまめにチェックを行い、キレイさを保つことが重要です。ホコリまみれになっているだけで、「空室の状態が長い」ということを見学者に悟らせてしまいますので、気をつけましょう。