窓ふき・窓ガラスクリーニングの料金

窓ガラスクリーニングでは、窓ガラス両面の水垢・油膜・汚れを落とし、雑菌も除去します。くもりのない綺麗な窓ガラスに仕上げます。(すりガラスや曇りガラスなどのクリーニングも致しますが、クリーニング効果が分かりにくい場合があります)

①こんな時に便利屋に空き室クリーニングの依頼ができます。
・引越前後のクリーニング
・ビル、店舗の窓クリーニング
・人手が足りない
・高所作業なので自分でできない
・定期的なクリーニング

②窓拭き・窓ガラスクリーニングの価格の概要
クリーニングを行う広さや質などによって価格は異なりますので、一般的に見積りを取っての決定となります。

③価格の目安
30,000〜50,000円(100㎡・ガラス、サッシのクリーニング)
(高所の場合、これに料金が加算されます)
④価格の具体例
42,000円(100㎡・ガラス、サッシのクリーニング・1階部分)
(※東京の便利屋の例)

⑤窓拭き・窓ガラスクリーニングサービス例
・ガラス内外の汚れ拭き取り
・サッシ、窓枠、溝の汚れ拭き取り
・研磨

⑥窓拭き・窓ガラスクリーニングを依頼する際の注意点
・見積りを取る(できれば複数)
・クリーニングの場所を明確に伝える(事前確認、プライバシーの保護など)
・クリーニングの度合いを明確に伝える(ガラス拭きやワックスがけまでなど)
・作業時の立ち会い(家財の破損防止、紛失・盗難防止、作業度合いの確認など)
・作業後のチェック(家財の破損防止、紛失・盗難防止など)

同じような便利屋サービスに、下記があります。

●窓ふき・ガラスクリーニング
窓ふき・ガラスクリーニングでは、窓を拭くことでガラス両面の汚れを落とし、くもりのない窓ガラスにクリーニングします。ガラスの水アカや油膜の汚れを落とし、雑菌を除去するために、丁寧なガラスクリーニングをします。

コラム 〜 窓の掃除方法

窓ガラスの掃除には、いろいろな方法があります。できれば、仕上がりは一点の曇りもない透き通ったものにしたいですよね。では、どんな方法が一番良いのでしょうか?

☆新聞紙や布ぞうきんはNG?
窓ガラスを濡れた新聞紙や布ぞうきんで拭くと良い、という裏技が巷に広がっていますが、これは意外と始末に困るもの。一度、試してみると分かりますが、拭いた後の形跡が、結構残るんですよね。また、新聞紙や布の繊維がガラスに付着して、それを取るのに、またひと手間必要になることも。窓ガラスは、ふだんから手入れしにくいものなので、できれば簡単に、一度で長く美しさを保ちたいもの。裏技とされる新聞紙や布ぞうきんは、逆に手間のかかる方法なのかもしれません。

☆スクイジーを使おう
窓ガラスのクリーニング業者が必ず使っているスクイジーって、ご存知ですか?スクイジーは、ちょうど車のワイパーのような形をしていて、それに取っ手がついたものです。もし、新聞紙や布ぞうきんを使うなら、片手にスクイジーを持って、新聞紙や布ぞうきんで拭いた後を追うように、スクイジーで拭き取っていくと格段にキレイになります。洗剤を使うなら、ふつうの家庭用住宅洗剤を使えば十分です。ガラスがひとたび美しくなると、見つめていたくなるほど。一度、キレイになったら病み付きになってしまうかもしれませんよ。