トイレクリーニングの料金

トイレクリーニングでは、便器の黄ばみや黒ずみ、カビ、尿石を落とます。便器の中や縁の裏側なども隅々までクリーニング致します。

①こんな時に便利屋にトイレクリーニングの依頼ができます。
・トイレに黄ばみやカビが生えて自分ではきれいにならない
・トイレに虫がわく
・細かく掃除をするのがニガテ
・仕事や子育てで丹念な清掃まで手が回らない
・病気やケガ、あるいは高齢などで清掃ができない

②清掃の価格の概要
このように特定の箇所に絞ってのクリーニングの場合、一定の料金を定めている便利屋がほとんどです。

③価格の目安
5,000円〜10,000円

④価格の具体例
トイレクリーニング一式(便器、天井、床、照明器具、排気口の表面、窓、ペーパーホルダー、タンク、蛇口、ノズル、ドアなどのクリーニング)
8,400円
(※東京の便利屋の例)

⑤トイレクリーニングサービス例
・便器、天井、床、照明器具、排気口の表面、窓、ペーパーホルダー、タンク、蛇口、ノズル、ドアなどのクリーニング
・抗菌処理
・抗カビ処理
・害虫処理
・汚れ防止処理

⑥トイレクリーニングを依頼する際の注意点
・見積りを取る(できれば複数)
・作業時の立ち会い(家財の破損防止、紛失・盗難防止、作業度合いの確認など)
・作業後のチェック(家財の破損防止、紛失・盗難防止など)

 

コラム 〜 トイレがつまった時の対処方法

トイレで用を足した後、流したら「あれっ!?」と、流れなくなって焦った経験のある人はいませんか?もし、そんな経験がない人も、今後焦らずに済むように、トイレづまりの対処方法を知っておきましょう。

☆トイレットペーパーがつまった場合
トイレットペーパーの使い過ぎでトイレがつまってしまった場合、しばらく水を流し続けると、トイレットペーパーが水に溶けて、自然に直ることもあります。ただし、何度も水を流すと、便器から水があふれてしまうこともあるため、時間をおいて、少しずつ流すようにします。また、お湯の方がトイレットペーパーが溶けやすいため、少しずつ流し入れるのも良いでしょう。

☆固形物がつまった場合
子どものおもちゃや携帯電話など、予期せぬものがトイレの排水口につまってしまうこともあります。このような時は、ラバーカップと呼ばれる、トイレつまりを解消する道具が有効です。ラバーカップは、トイレの排水口をゴムの口で塞ぎ、空気を出し入れすることによって、つまっているものを取り除きます。ラバーカップを使用する時には、作業のはずみで汚水が便器の外側に漏れてしまう恐れがあるため、穴を開けたビニールカバーにラバーカップを差し込み、それを便器にかぶせて作業するようにしましょう。