子守の料金

便利屋の行う子守とは、依頼者に代わって子供の面倒をみることをいいます。

①こんな時に便利屋に子守の依頼ができます。
・仕事が忙しくて子供の面倒がみられない
・旅行などで家を空けるため子供の面倒がみられない
・ケガや病気で子供の面倒がみられない

②子守の価格の概要
子守の価格は作業時間などによって異なりますので、一般的に見積りを取っての決定となります。

③価格の目安
一般的な子守は単純作業のため、時間給制を取っている便利屋がほとんどです。
時間給は地域によって違いますが、
2,500円〜4,000円/時間が相場です。
(都心部に近いほど価格は高くなります)

④価格の具体例
40,600円(1日2時間・1週間・1名)
(※東京の便利屋の例)

⑤子守サービス例
・赤ちゃんの世話
・食事つくり
・話し相手
・学校などの送り迎え
・掃除、洗濯
・連絡

⑥子守を依頼する際の注意点
・見積りを取る(できれば複数)
・万が一の子供の事故に備えて契約書を交わす。

 

5月5日【端午の節句】準備はお済みですか?
絞り染め鯉のぼりの画像

京都の絞り染め着物職人が作る「室内用鯉のぼり」。着物の正絹を使い、昔ながらの職人技で丹念に手作りしています。

日本の伝統をお部屋に飾ってみませんか?

こどもの日のあとも、和を彩る壁飾りとして、子どもの健康と成長をいつまでも見守るお守りとして、ずっと飾り続けられるインテリア鯉のぼりです。