ゆで卵は、どうしても白身が殻にくっついてきれいにむけないことがあります。そんな時はイライラするし、食べる部分が減って、すごく損をしたような気分になってしまうものです。

しかし、ゆで卵の殻を簡単・きれいに、しかも4個同時にむくことができる方法があります。

10秒間振るだけ!

まず、通常通りにゆで卵を作ったら、タッパーなどの調理用密閉容器に水を3分の1ほど入れ、そこにゆで卵を4個入れます。しっかりとフタを閉めて約10秒振ってから取り出せば、殻がツルリと気持ちよくむけます。

うまくむけない原因は「膜」

ゆで卵の殻と白身の間には、薄い膜が付いています。この薄い皮が、卵をゆでた時に殻と白身とをくっつける接着剤のような役割を果たしているため、殻がむきづらくなるのです。

しかし、密閉容器の中で振ると、ゆで卵とゆで卵、あるいはゆで卵と容器の壁が激しくぶつかり合い、殻にヒビが入ります。このヒビから入り込む水と空気が白身と薄皮の中に入っていって、ツルリとむけるようになるというわけです。

空気が足りなかった?

筆者の場合、以前から、冷水を流しながらむくといいとか、ためた冷水の中でむくといいとか、いろいろな方法を聞き実践してきましたが、それでもなぜか必ずしも常にきれいにむけるというわけではありませんでした。

もしかしたら、それらの方法では空気が足りなかったのかもしれません。

まさに簡単で効率的

この、密閉容器に入れて振るという方法は、きれいにむけるということはもちろんですが、それを4個同時にやってしまえるというのもまた大きなメリットです。

これで、小さな殻のカケラが残っていたり、白身がたくさん殻にくっついて取れ、形が不格好になってしまったりする心配もありません。

スポンサーリンク

お読みいただきありがとうございます。もしよろしければ、シェアをお願いいたします。

5月5日【端午の節句】準備はお済みですか?
絞り染め鯉のぼりの画像

京都の絞り染め着物職人が作る「室内用鯉のぼり」。着物の正絹を使い、昔ながらの職人技で丹念に手作りしています。

日本の伝統をお部屋に飾ってみませんか?

こどもの日のあとも、和を彩る壁飾りとして、子どもの健康と成長をいつまでも見守るお守りとして、ずっと飾り続けられるインテリア鯉のぼりです。