台所用洗剤や重曹を(ドラッグストア、100円ショップなどで手に入ります。)スポンジの柔らかい面や、柔らかい布(古くなったストッキングなどもよいです。)、使い古しの歯ブラシなどにつけてこすって汚れを落としましょう。
シンクを濡らし、その上に重曹をまんべんなく振りかけ、スポンジでこすっても良いです。

それでも取れない汚れはジフなどの台所用クリームクレンザー(これもドラッグストアで手に入ります。)を使います。
水で薄めた酢やクエン酸を霧吹きなどで吹きつけてからこすり洗いをしたり、キッチンペーパーで1〜3時間ほど「パック」をしてからこするのもおすすめです。

磨き終わったら、水でしっかり洗い流し、仕上げにから拭きで水滴を拭き取りましょう。
水滴を拭き取ることは大切で、日頃から食べ物の汚れや水はねを拭き取るように心がけていると、汚れの原因となる水垢やカビがつきにくくなります。

排水溝にふたができ水をためられる場合は、次の方法も使えます。
まず、鍋に水を入れ、その中に大さじ1ほどの重曹を入れて、お湯を湧かします。排水溝にふたをしたシンクにお湯を流し入れ、お湯が冷めるまで待ちます。冷めたらスポンジでシンクをこすり、排水溝のふたを取ってお湯を流しましょう。

参考サイト
http://nanapi.jp/23231/
http://okwave.jp/qa/q991723.html
http;//www.toto.co.jp/water/kitchen/07.htm

スポンサーリンク

お読みいただきありがとうございます。もしよろしければ、シェアをお願いいたします。

5月5日【端午の節句】準備はお済みですか?
絞り染め鯉のぼりの画像

京都の絞り染め着物職人が作る「室内用鯉のぼり」。着物の正絹を使い、昔ながらの職人技で丹念に手作りしています。

日本の伝統をお部屋に飾ってみませんか?

こどもの日のあとも、和を彩る壁飾りとして、子どもの健康と成長をいつまでも見守るお守りとして、ずっと飾り続けられるインテリア鯉のぼりです。