片付けようと思った時、いろいろな収納グッズを買わないといけないし、めんどうだな…と感じたことはありませんか?
できるだけ、最低限の収納グッズで済ましたいと思っている方は、部屋の空間をうまく利用しましょう。

まず、収納を確保する前に、やることがあります。それは、不用品を処分すること。
限りある空間を活用するためには、なるべくモノは少ない方がいいでしょう。

スポンサーリンク

次に、むやみに収納家具を増やさないことです。
冒頭にも書いたように、下手に収納家具を置いてしまうと、余っていた空間さえもなくなってしまうので、気をつけましょう。

以上の2点を注意しながら、空間をうまく利用して片付けていきます。

最も有効的な手段は、デッドスペースを活用することです。
例えば、ベッド下に収納ケースを置いたり、洗濯機の上に棚を取り付けたり、壁にカゴを提げたりして収納スペースを作りましょう。

また、クローゼットの中も活用できる空間がたくさんあります。例えば、クローゼットの中にあるハンガーを同じ種類の細いハンガーに統一します。細いハンガーを使うだけで服の厚みが少なくなり、より多くの服をしまうことができるのです。

これは「UNIQLO」方式と言ってもいいでしょう。
ユニクロは、この収納法を活用し、以前よりも並べる服の数を増やすことに成功しました。衣類がたくさんあって困っている人は、この方法を自分のクローゼットでも試してみましょう。

スポンサーリンク