ジャムやマーマレード、インスタントコーヒーなどが入っている広口ビンは、簡単に手に入る上に用途も幅広いので、空になったらきれいに洗って乾かし、捨てずにとっておきましょう。

スポンサーリンク

密封性の高さを活かす

自家製の梅干しやらっきょう、味噌などを人にプレゼントしたり旅行先に持って行ったりしたい時には、インスタントコーヒーの空きビンを使うと便利です。

口がしっかり閉まって密封性が高いので、宅配便などでどこかに送る場合でも、ビニール袋に入れて封をし、壊れものであることを明記しておきさえすれば、安全に、しかも汁をこぼすことなく送ることができます。

香草類を長持ちさせる

乾燥に弱く傷みの早いパセリ・クレソン・大葉などの香草類は、小さめの広口ビンの底に少量の水を入れ、そこに軸の部分が浸かるように挿して、冷蔵庫で保存しましょう。ふたをちゃんと閉めておけば、庫内の乾燥も心配ありません。つまり、フタ付きの花瓶にグリーンを生けて保存するようなものです。

理想的なサイズはワンカップ式の日本酒の空きビンで、これに大葉を入れておくと10日くらいは持ちます。

洗濯の効率をアップさせる

粉末洗剤は、最初によく溶かしてから洗濯物を入れないと、蛍光剤でシミを作ってしまうこともあります。しかし、ジャムやマーマレード、マヨネーズなどの広口ビンに、水と分量の粉末洗剤を入れて振り、よく溶かしてから洗濯機に入れればその心配もなくなります。

洗剤の溶け残りがなく、洗濯液のしみ込みも早くなるので、洗濯の効率アップは間違いなしです。

使い勝手が抜群

広口ビンは使い勝手がいいので、ぜひ捨てずにフタごととっておき、キッチンに限らずいろいろな場面でフル活用しましょう。

スポンサーリンク