夏になると、お中元などで缶ビールをケースでいただくことがよくあります。このケースはけっこう頑丈にできているので、処分するために切ったり折りたたんだりするのは面倒ですが、逆にリサイクルするならまさにうってつけです。

今回は、この缶ビールのダンボールケースで本棚を作る方法をご紹介します。

1つのケースから2個できる!

作り方は簡単です。
24缶入りの縦詰めのビールケースを立てて、右下10センチの端と左上10センチの端にそれぞれ印をつけ、それらを結ぶように斜めにカッターで切り離すだけです。これで、1つのケースから2個の本棚ができたことになります。

あとは、印刷されている商品ロゴなどを隠すために、余り物の布などでくるみ、端の部分を布テープなどで処理すれば、おしゃれで可愛らしい外観になります。

3段ボックスにジャストサイズのキッチン下収納

もちろん、本棚に限らずさまざまな用途に使えます。
缶ビールが入っていたダンボールケースは厚手でしっかりしているので、キッチンの下の鍋やフライパンを収納するのにも適しているし、ファイルなどの書類を収納するのにもいいと思います。しかも、横置きした3段ボックスに2個ずつちょうどおさまるので、見た目にもきれいな収納になります。

見せる収納にしたい、あるいは出し入れしやすい収納にしたいという場合にはそのまま、逆にあまり生活感を出さずすっきり収納したいという場合は背の方を表に向ける、というように使い分けることも可能です。

エコとオリジナリティを重視する人に

この種の収納グッズは100円ショップにもありますが、出すゴミを減らしたい、あるいはもっと個性的な収納グッズを作りたいという場合にはおすすめの方法です。

参考サイト

缶ビールのダンボールケースで本棚 - はっぴーママ.com
http://www.happy-mama.com/11_tenuki/ienonaka/11_ie_05082401.html

スポンサーリンク

お読みいただきありがとうございます。もしよろしければ、シェアをお願いいたします。

5月5日【端午の節句】準備はお済みですか?
絞り染め鯉のぼりの画像

京都の絞り染め着物職人が作る「室内用鯉のぼり」。着物の正絹を使い、昔ながらの職人技で丹念に手作りしています。

日本の伝統をお部屋に飾ってみませんか?

こどもの日のあとも、和を彩る壁飾りとして、子どもの健康と成長をいつまでも見守るお守りとして、ずっと飾り続けられるインテリア鯉のぼりです。