最近ではカラーボックスも1,000円以下で買えるようになり、必要な時手軽に手に入るようになりました。しかし、それでもなるべく出費をおさえたいという場合があります。
そこで、収納ラックやカラーボックスのお手軽代用品をご紹介します。

スポンサーリンク

材料・作り方

用意するモノは、同型の段ボール箱3つとガムテープだけです。段ボールは使用後のモノでもかまいません。
まず、段ボールの底蓋をガムテープでとめ、箱をひっくり返して上蓋を4つとも箱の内側に折り込みます。

次に、出来上がった3つの箱を縦に積み重ねて背面をガムテープで十字にとめ、箱が動かないように固定します。
これだけで完成なので、ものの5分もあればできてしまいます。

使用する際のポイント

段ボールで作ったボックスは、丈夫な造りでありながら軽量なので、移動が簡単にできます。

しかし、重量のないモノを収納するのに向いているので、衣類のような軽いモノをたたんで入れたり、ランドリーボックス代わりに使ったりするほうが良さそうです。
どうしても雑誌や本などの重いモノを収納したい場合は、一番下の段に入れるようにしましょう。

縦3段に限らず、2段でも、あるいは横並びにしてもかまいませんが、縦に4段以上積み重ねると不安定になってしまうため、3段以下での使用が望ましいでしょう。

即席収納・仮置き場として

このように、段ボール箱は使い勝手が良いので、アイデア次第でさまざまな使い方ができます。

収納グッズを買うお金を節約するという意味でも有効ですが、急に必要になったけれども店が遠いとか、忙しくて買いに行く時間がないという時の一時的処置としてもかなり使える手段ではないかと思います。

参考サイト
ラック・カラーボックスの代用に!超簡単な段ボールラックの作り方 | nanapi [ナナピ]
http://nanapi.jp/95629/

スポンサーリンク