• 外食はお金がかかる
  • 自炊は安く済ませることができる

本当でしょうか?
これは、食べる量や好きなものによって変わってくるので、一概にどちらが安いのかは言えません。

自炊のほうが安くなることもあれば、外食のほうが安くなることだってあるのです。

外食のほうが安くなるケースとは?

外食でいつも高級料理店に行くなら、当然高くなります。しかし最近は安いチェーン店や料理店もあり、そのコストパフォーマンスはなかなか侮れないものです。

また外食は満足感が大きく、自炊以上に満腹感を伴うことがあります。料理の香りが常に充満し、たくさんの料理を視覚的に見ることになります。
このため、食べる量は少ないのに意外と満腹になってしまうことがあるのです。結果、食べる量が自然と少なくなり、安く済む場合があります。

外食によって気持ち的に満足し、間食をしなくて済むこともあります。

自炊のほうが安くなるパターン

自炊といっても、何もかもすべて自分で作るとなると、なかなか大変です。
時間とお金のバランスを考えてると、自炊は決して安くないと思う人もいるでしょう。

ですが、スーパーの半額セールなどを利用すると、とても安くできたりします。もちろん、時間も掛かりません。
(スーパーのお惣菜は自炊ではない!と思う人は納得できないかもしれませんが。)

ただ自炊は、食材を無駄に使ってしまったり、計画的に料理をしないと安くできない面があります。特に、食材を腐らせてしまったり、賞味期限を切らしてしまったりして、廃棄ロスが多くなると、非常にお金がかかります。

つまり、料理が得意な人でないと、なかなか効率的に食材を使い切り、食費を安くすることが難しいというデメリットがあります。

たくさん食べる人は食費が高くて当然

たくさん食べれば、食費が高くつきます。これは当たり前のことです。食べ過ぎは、財布にも体にも良くありません。健康のためにも食費のためにも、少し減らしていくと良いでしょう。

【参考サイト】
2/2 自炊と外食と中食。一人暮らしではどれがオトク? [一人暮らし] All About
http://allabout.co.jp/gm/gc/387007/2/
スポンサーリンク

お読みいただきありがとうございます。もしよろしければ、シェアをお願いいたします。

子育てを学び、資格まで取れる!
乳幼児教育アドバイザー資格 ギフト教育ラボ

子育てに失敗する原因。それはただやり方を知らないだけ。子どもはどんどん成長していきます。悩んでる暇なんてないですよね!
3歳までの、たった3年間が頑張りどころ。ギフト(才能)教育が、子供の未来をひらきます。専門家がつくった幼児教育を学ぶことで、あなた自身が乳幼児教育アドバイザーになれるのです。