お気に入りの服だからと、まめにクリーニングに出している人もいるのではないかと思いますが、洗濯機で洗うのと同様に、クリーニングでも衣類は傷みます。

スポンサーリンク

帰宅後のブラッシング

なるべくクリーニングをしないためには、その日の汚れはその日のうちに取ることが大切です。そのためにも、以下の手順で帰宅後のブラッシングを行いましょう。

  1. 玄関先でブラッシング。ブラシは豚毛のものがベスト。上着は肩→前身頃→袖の順で、特に肩のあたりを重点的にかける。
  2. スカートはウエストから下に向かって、一気にホコリを払い落とす感じでかける。
  3. 最後に上着を脱ぎ、ひと振りしてホコリと熱を取る。汗ジミもないか調べる。

また、汚れがないかも必ず確認します。汚れは時間が経つにつれ落ちにくくなりますし、放っておくと虫喰いやカビの原因にもなります。洋服ダンスにしまうのは、湿気がすっかり取れてからにしましょう。

汚さない心がけも肝心

汚れた後の手入れも大切ですが、普段から汚さない習慣もつけておきましょう。例えば、下記の心がけも、衣類を長持ちさせる秘訣です。

  • 外出着に着替えるときは手を洗い、首や手首を拭く。
  • かぶり型の衣類の着脱には、古いスカーフなどを頭にかぶり、ファンデーションや口紅がつかないようにする。
  • ハンドバッグにシミ取り用のガーゼを入れて携帯する。

習慣にしてしまえば

帰宅後のブラッシングを習慣づけるためにも、玄関にブラシを置いておくのがおすすめです。ブラシは一気に大きく動かすのがポイントです。ものの1分もあればその日のホコリが落ちるので、一度習慣づけてしまえばとても簡単で全然面倒なことではなくなると思います。

スポンサーリンク