部屋が雑然として片付かないという悩みを抱えている方はたくさんいらっしゃると思います。漫然と片づけていても、部屋はなかなか片付きません。使い勝手が悪かったり、モノの出し入れに手間がかかると、散らかる原因にもなります。自分の収納方法に自信がないという方は、まず、収納の基本を学びましょう。

スポンサーリンク

収納の基本は、よく使うモノを使いやすい位置に置くことです。使用する人が立ったまま楽に出し入れできる位置、つまり胸からお腹の位置に収納するのが理想的です。

あまり使わないモノは高い位置か低い位置に収納しましょう。高い位置のモノを取り落とすと危険なので、軽いモノを高い位置に、重いモノを低い位置に収納します。

また、モノは使う位置の近くに収納するのが基本です。何かをしようとするとき、少ない動作で作業できます。使ったモノをすぐそばに戻せば片付きますので、散らかりません。遠くに戻す必要があると、ついその辺に置いてしまいがちです。

ちょっとしたことですが、収納の基本を意識して物の配置を考えると、格段に家事や仕事の効率が上がります。

スポンサーリンク