今やガーデニング関連の便利グッズは100円ショップでも買える時代ですが、ペットボトルにちょっと手を加えるだけで、わざわざ買わなくても十分代用できます。
その中から、ごく一部をご紹介したいと思います。

市販品より便利な!?じょうろ

ペットボトルを丸ごと使えば、即席のじょうろになります。作り方はいたって簡単で、フタに焼いた金串を刺して小さな穴をたくさんあけるだけです。

これだと、小さな鉢への水やりであれば、高い位置からかけることも鉢の根元にそっとかけることもできて、市販のじょうろより却って使い勝手がいいのです。

留守中の水やり

数日間家を空けなければならない時も、ペットボトルのフタの部分にキリなどで小さな穴をあけ、水を入れて植木鉢の土に逆さまに差し込んでおけば、水がジワジワと土にしみ込み、土が乾くのを防いでくれるので安心です。

ただし、この方法は2〜3日から1週間が限度です。夏場は土の乾燥を防ぐため、植木鉢を日陰に移してから出掛けましょう。

ビニールいらずのミニ温室

寒い冬は、小さな苗を冷たい空気から守ってあげなければなりませんが、これも、ビニールなどを買ってきて温室を作る必要はありません。ペットボトルを苗の高さに合わせてカッターなどで切り、苗や鉢の上からかぶせてあげるだけでいいのです。

たったこれだけでも、寒さはもちろん、雨風や害虫などからも苗を守ってくれます。さらに、保湿効果もあるので、乾燥しやすい小さな鉢にかぶせてあげてもいいのです。

季節を問わず使える

ペットボトルで作れるこれらのガーデニンググッズは、季節を問わず一年中使えるモノです。いくつか作って常備しておけば、急に必要になった時などにとても便利です。

スポンサーリンク

お読みいただきありがとうございます。もしよろしければ、シェアをお願いいたします。

5月5日【端午の節句】準備はお済みですか?
絞り染め鯉のぼりの画像

京都の絞り染め着物職人が作る「室内用鯉のぼり」。着物の正絹を使い、昔ながらの職人技で丹念に手作りしています。

日本の伝統をお部屋に飾ってみませんか?

こどもの日のあとも、和を彩る壁飾りとして、子どもの健康と成長をいつまでも見守るお守りとして、ずっと飾り続けられるインテリア鯉のぼりです。