新聞を使った方法、重曹とお酢を使った方法、塩を使った方法があります。

新聞を使った方法は、新聞をくしゃっと丸めたものに水をつけ、ガラスをこするように磨いていきます。
仕上げは、乾いた新聞を丸めたものでからぶきします。重曹とお酢を使った方法は、まず、それぞれ水溶液を作ります。

重曹は水200ccに対して小さじ1の重曹を。お酢のほうは水1カップに対してお酢カップ1。スプレーのできるボトルに入れると使いやすいです。
重曹を散布した上に、お酢を散布してから布やスポンジなどでふいていきます。
ふくときに使うのは、雑巾よりも目の細かい布巾やスポンジのやわらかい面がおすすめです。重曹だけでも汚れは落ちますが、お酢を散布しておくと、ガラスの表面が白くなりにくいです。

塩を使う方法は、水につけた布巾やスポンジをしぼり、塩をつけて窓ガラスを磨いていきます。台所用洗剤を水で薄めて使ってもよいでしょう。

どの場合も、拭くときは上から下に。スクイージー(ゴムでできた車のワイパーのようなもの)があると便利です。水を下のほうにためたら、雑巾などでふきとります。
汚くなったスポンジや雑巾はそのままベランダの掃除に使うとよいでしょう。

参考サイト
http://otoku.pya.jp/jyutakutie/mado.html
http://touch.allabout.co.jp/gm/gc/1594/
http://matome.naver.jp/m/odai/2135598339528218201
http://nanapi.jp/life/1523

スポンサーリンク
7日間の捕獲ダニ数 2,428匹
ダニピタ君

痕が残るダニ刺され、ダニアレルギー、むず痒くて眠れない! こんな悩みを抱えてはいませんか?
【解決法は、ダニを生きたまま捕ること】
生け捕りなら、ダニの死骸が飛散せず、ハウスダストが減少します。ダニピタ君は、簡単、置くだけ、手間いらずで、ダニ捕獲する新しいダニ対策です。