棚の奥に調味料や小麦粉、砂糖などのストックがあったのに、気付かずに新たに買い足してしまったなんてことはありませんか?
キッチンはパッと見て、何がどこにあるか分かる収納が良いです。

例えば瓶やカップにスプーンやフォークを立てて入れると一目で分かり、使いやすいです。引き出しの中に入れる場合も、トレイなどで種類別に仕切って、引き出したらすぐに取り出せる状態にしておくと良いでしょう。

香辛料や乾燥ハーブ、昆布や干しシイタケなどの乾物類は瓶に入れて並べると見やすく、しけりにくいのでおすすめです。

オープン棚に日用品を入れる場合は、直接並べずにカゴなどを使って収納すると、奥のものを取り出しやすくなります。カゴごと引き出して整理できるので、掃除もしやすいです。

キャビネット下が空いていたら、貴重な収納スペースと考えましょう。例えばキャスター付きのワゴンにゴミ箱を載せて収納すると、出し入れがしやすく、ゴミの分別も楽になります。

スポンサーリンク

お読みいただきありがとうございます。もしよろしければ、シェアをお願いいたします。

5月5日【端午の節句】準備はお済みですか?
絞り染め鯉のぼりの画像

京都の絞り染め着物職人が作る「室内用鯉のぼり」。着物の正絹を使い、昔ながらの職人技で丹念に手作りしています。

日本の伝統をお部屋に飾ってみませんか?

こどもの日のあとも、和を彩る壁飾りとして、子どもの健康と成長をいつまでも見守るお守りとして、ずっと飾り続けられるインテリア鯉のぼりです。