断捨離では、総量規制の法則を設けています。押入れやクローゼット、冷蔵庫などの「見えない収納」を7割。食器棚、サイドボードなどの「見える収納」を5割。更に、一輪挿しなど、装飾的に「見せる収納」は1割です。

物を徹底的に制限することで、収納だけでなく、掃除も楽になります。家の中に収納するのは、「見えない収納」も含めて厳選されたお気に入りの物だけです。何か新しく購入するときは、これまで持っていた物をひとつ手放す。常に物の量を増やさないように意識します。

スポンサーリンク

収納する際の重要なポイントは、極力ストレスを感じない収納法を選ぶということ。面倒で手間のかかる収納の仕方だと、その辺にポンと置いてしまうかもしれません。物の出し入れに要する動作は、扉を開けて、取り出すというせいぜい二つ程度に絞る。できるだけワンタッチで取り出せる簡単なやり方を選ぶと片づけが楽になります。

参考文献

スポンサーリンク