片付け・収納グッズはいろいろありますが、筆者が最もよく使っているのがS字フックです。100円ショップで手軽に購入できるだけでなく、用途もさまざまです。

スポンサーリンク

フレキシブルな収納が可能

引っ掛けて収納しておきたいモノというのは意外と多いものですが、両面テープで貼るタイプのフックだと後で剥がすのが困難だし、マグネットタイプだと使える場所が限られてしまうので、なかなか便利とは言い難いのが現実だと思います。

しかし、S字フックならたいていどこにでも引っ掛けて収納スペースを作ることができるだけでなく、自由に場所を変えることもできるため、ストレスなくフレキシブルに収納場所を決めることが可能です。

筆者の場合は、自室ではバッグ・帽子・メガネなどの小物・ハンガーなどを、キッチンではボウル・計量カップなどの軽くて使用頻度の高いモノを掛けておくのに利用しています。

旅行・入院にも便利

また、S字フックは、旅行や入院など、家以外の場所に宿泊する時にも非常に役立ちます。

荷物が増える旅行では、場所を問わず一時置きの引っ掛けスペースを作ることができて便利だし、特に病室は一般的に収納スペースが少ないため、持参した荷物や、取手付きのビニール袋を掛けておく場所に困って、床に直置きせざるをえないことが多くあると思いますが、S字フックを2〜3個持参すれば、必要な荷物を手の届く場所に配置しておくことができるので、入院生活のストレスもかなり軽減されると思います。

使い方は無限

このように、S字フックの便利な使い方は工夫次第で無限にあります。いろいろなサイズのものをいくつか常備しておけば、必ず何かの役に立つことと思います。

スポンサーリンク