ペットと暮らしていると、床についた足跡や毛玉を吐いた跡などの掃除で、雑巾がけが欠かせません。

我が家では3匹の猫が暮らしています。
日に何度も膝を折って雑巾がけをしていると、腰に負担が掛かるうえに、ヒザの角質がタコのように固くなって、悲しくなりました。

それで、クイックルワイパーのウエットシートを使ってみたのですが…

  • シートが薄くて、雑巾がけのように強く拭けない
  • 使い捨てなので、不経済

など、使い勝手がイマイチでした。

フローリングワイパーで立ったまま雑巾がけ

そうだ!!クイックルワイパーに雑巾を巻き付ければいいのでは・・と閃いて
クイックルワイパーに雑巾
三つ折りにしたタオル(雑巾)を目玉クリップで止めてみました。
「我ながらナイスアイデア♪」ゴシゴシと拭いても大丈夫です。

しかし使っていくうちに、気になることがでてきました。

  1. クリップで止めているので、強く拭くと雑巾がずれる
  2. 付け替えが面倒

もうあとちょっと工夫することができないものか。。。

マイクロファイバーは掃除の万能選手です

「もっと簡単に出来る方法ってないのかな?」と探して探して、、、ようやく見つけました!!!

フローリングワイパーにぴったりサイズで簡単に取り付けられるダスター。
(100円ショップでも売っています)
フローリングワイパーにマイクロファイバーダスター
素材はマイクロファイバーで、水拭きだけで汚れを取ってくれる優れものです。

取り付けが簡単だし、ゴシゴシ拭いてもずれません。
汚れたら風呂の残り湯で洗って、また使えます。

これで雑巾がけが楽になって、猫たちが毛玉を吐いてもイライラしなくなりました。
ついでにストッレチもしてしまおうと、手と足を大きく伸ばしてワイパーを動かしています。

拭き掃除をしながらストレッチ、床は綺麗になるし体は軽くなるしで、雑巾がけが楽しくなりました。
楽しく「ながら拭き掃除」
洗剤を使わない「ながら拭き掃除」、小さなお子さんがいるご家庭にもお勧めです。

スポンサーリンク

お読みいただきありがとうございます。もしよろしければ、シェアをお願いいたします。

5月5日【端午の節句】準備はお済みですか?
絞り染め鯉のぼりの画像

京都の絞り染め着物職人が作る「室内用鯉のぼり」。着物の正絹を使い、昔ながらの職人技で丹念に手作りしています。

日本の伝統をお部屋に飾ってみませんか?

こどもの日のあとも、和を彩る壁飾りとして、子どもの健康と成長をいつまでも見守るお守りとして、ずっと飾り続けられるインテリア鯉のぼりです。