自分のおもちゃが散らかっていると家族の迷惑になる。それを気づかせることが、他人や友達へのささやかな気遣いや思いやりにつながっていく。お片づけは豊かに生きる基礎を習得するために大切なことだという著者が、二人の子育て中に編み出したお片づけ技術を教えてくれます。

難しいことはありません。実践すべきなのは、簡単な3つの基本だけ。子どもに片づける気を起こさせる親の導き方など、具体的な収納方法と一緒に片づけるコツが紹介されています。

口コミ・評判 ピックアップ

  • "片づけ"を"モノと上手に付き合う方法"として子どもに伝える考えに共感。自分も片づけ下手でこどもにアドバイスできずにいた問題が解決しました
  • 子どもに片づけを急かす前に、親がすべきことがわかります
  • 子どもにさせるより親が片づけた方が楽だけど、小さいうちに根気よくしつけなければ、成長してからが大変。若いママにおすすめです
  • 過去に読んだ"子どもに片づけ方を教える本"の中では、群を抜いて気に入りました
  • ハウツー本ではないですが、片づけない子どもに悩んでいる親にはとても参考になります
スポンサーリンク

お読みいただきありがとうございます。もしよろしければ、シェアをお願いいたします。

5月5日【端午の節句】準備はお済みですか?
絞り染め鯉のぼりの画像

京都の絞り染め着物職人が作る「室内用鯉のぼり」。着物の正絹を使い、昔ながらの職人技で丹念に手作りしています。

日本の伝統をお部屋に飾ってみませんか?

こどもの日のあとも、和を彩る壁飾りとして、子どもの健康と成長をいつまでも見守るお守りとして、ずっと飾り続けられるインテリア鯉のぼりです。