今回は、レンジがあれば簡単にできるお手軽調理をご紹介します。

コーヒー・紅茶

コーヒーが飲みたいと思ったら、カップに水とインスタントコーヒーを入れてレンジで2分ほど温めれば、わざわざお湯を沸かさなくてもすぐに作ることができます。同じく、紅茶やハーブティーなら水を入れたカップにティーバッグを入れればいいし、牛乳にティーバッグを入れればロイヤルミルクティーも作れるなど、他の飲み物にも応用がききます。

コンソメスープ・かつおだし

水とコンソメの素でコンソメスープを作ることもできます。タマネギ・ニンジン・ピーマンなどあり合わせの野菜をせん切りにしたものを加えて加熱すれば、立派な野菜スープになります。1〜2人分なら鍋を汚さないで済むこのやり方のほうがラクです。また、大きめの耐熱容器にかつおぶしと水を入れ、ラップをかけ2分ほど加熱してこれをこせば、風味豊かなかつおだしの完成です。

ラーメン・うどん・そば

インスタントラーメンもレンジで作れます。最近では専用の器が売られていますが、それがなくても、どんぶりに麺を入れて熱湯を注ぎ、ラップして3分加熱したら粉末スープの素を加えれば完成です。うどんやそばなら、ゆで麺をさっと水洗いしてほぐし、どんぶりに入れてラップをかけ、1分加熱したらめんつゆを注げばいいのですが、このつゆも市販のものがなければ、耐熱容器に水・だしの素・醤油・みりんを適量入れてレンジで加熱すれば作れます。

冷凍食品でピラフも

また、冷凍のミックスベジタブルとシーフードミックス、残りものの冷やご飯があれば、次の手順でピラフを作ることも可能です。

  1. ミックスベジタブルとシーフードミックスを適量器に入れ、塩・コショウ・醤油・酒少々で味付けし、ラップをかけて1分加熱。
  2. 1にご飯とケチャップを加えて混ぜる。
  3. 1分半ほどラップなしで加熱すれば完成。
スポンサーリンク

お読みいただきありがとうございます。もしよろしければ、シェアをお願いいたします。

栄養野菜そのまんまパウダー
青汁を一杯あたりの価格で比較

自然野菜の粉末100%は、青汁がおすすめ! 栄養価の高い原材料を使っているから、しっかりと野菜を摂取。

青汁カフェなら、一杯あたりの価格で青汁を比較できます。

気になるあの青汁は、一杯いくら?

野菜不足が気になるけれど、サプリメントはちょっと・・・という方にも、天然素材100%の粉末青汁なら安心ですね。

野菜不足で健康を損なう前に、一度お試しください。