毛皮やムートン、スエードは、気軽に洗うわけにはいかないものですから、日頃のお手入れが重要になります。

こまめなケアをして、できるだけいい状態を保ちましょう。

毛皮

毛皮の普段のお手入れ方法としては、まず、毛皮を着たら、脱いだその手で裾を持って逆さにしてよく振りましょう。こうすることで、表面の汚れや湿気が取れるだけでなく、毛並みが自然に整います。毛足が長いものは毛がからむことがあるので、ときどきは、根元に空気を入れるような感じでとかすようにブラッシングをしましょう。汚れによる毛のからみは、ベンジンをつけた布で根元から毛先に向かって汚れをこすり落とし、からみを直します。毛並みが乱れたり倒れたりしたときは、きつくしぼった蒸しタオルをあてたあと、くしでとかせば直せます。襟や裾などの汚れは、ぬるま湯できつくしぼった布で、表面をなでるように拭いて落とします。

ムートン

ムートンの場合は、布団たたきでホコリを落とします。ただし、裏から軽く4〜5回たたく程度で、決して強くたたいてはいけません。汚れが目立ってきたら、中性洗剤を溶かした液でしぼったタオルで表面を拭いたあと、水拭きをします。

スエード

スエードは汚れやすい上に、汚れが革組織の中にまで入りこんでしまうので、着る前に防水スプレーをかけて保護しておくのがコツです。汚れたときは、スエード専用のケア用品でお手入れをします。軽い汚れなら、専用ブラシを毛並みに逆らってそっとかければ落とせます。部分的な汚れには、砂消しゴムで円を描くようにしてそっとこすればOKです。ひどい汚れには、専用クリーナーを使用しましょう。

スポンサーリンク

お読みいただきありがとうございます。もしよろしければ、シェアをお願いいたします。

テレビで話題の3Dダニ取りシート
ダニ取りシートでダニ退治

痕が残るダニ刺され、ダニアレルギー、むず痒くて眠れない! こんな悩みを抱えてはいませんか?
【解決法は、ダニを生きたまま捕ること】
生け捕りなら、ダニの死骸が飛散せず、ハウスダストが減少します。さよならダニーは、簡単、置くだけ、手間いらずで、ダニ捕獲する新しいダニ対策です。