事故には遭いたくないものですが、自動車保険の中でも、最も重要な補償ではないかと思います。弁当箱のご飯だと思ってくださいというのは、そのためです。

スポンサーリンク

保険証券やお客様のしおりなどに「事故相手のケガを補償します」といったことが記されています。単純明快なのですが、補償して貰えるのは、事故相手の治療費や慰謝料くらいしか想像できません。こうなると、自賠責保険だけでも十分な気がしますよね?自賠責保険は一事故につき一人あたり120万円まで補償するので、軽傷ならそれで収まりそうです。しかし、違うのです。

交通事故に遭い、ケガをしてしまった場合、治療費や回復までの精神的苦痛に対する慰謝料だけでは間に合いません。仕事を休んでしまった場合はどうなるのでしょう?病院までの交通費は?通院や入院で生じた諸経費は?こういった損失もふくまれるので、120万円では安心できないのです。

仮に、ケガをした人が高所得者だとあっさり限度額に達してしまいます。医療費も考えているより高額であるケースがほとんどです。賠償とは、法的に損害を償わなければならないことを指しますから、自動車保険に加入していないと一気に目の前が灰色になるでしょう。

支払いの仕組み

自賠責保険は一旦、加害者か被害者が治療費などを負担し、請求書類を保険会社に返送するという手間があります。さらに保険会社が審査機関へ書類を提出するので、支払いまでの時間もかかります。

それに対し、対人賠償保険は、自賠責保険の超過分だけでなく、保険会社が自賠責保険の請求をしてくれます。なお、自賠責保険の限度額に達しなかった場合は自動車保険を使ったとカウントされませんので、「自賠責の限度額までは自分で手続きする」ということをしなくても大丈夫です。限度額を超えても超えなくても保険会社が対応してくれますから、万が一のときはすぐ保険会社に連絡するようにしましょう。

自動車保険は弁当箱 - 分かりやすく事故に備える記事メニュー

<ライター:森村仁

スポンサーリンク