車両保険とセットで組み込むことができる

事故で自動車を修理に出すと代車が必要という方もいると思います。そういった場合に、実際かかった代車の料金を支払います、という特約です。この特約は車両保険を契約していると組み込むことができます。

保険金の上限は、設定した金額の30日分です。なお保険会社により保険金額の差異はありますが、定額ではなく実際にかかった料金が対象になります。つまり、一日あたり10,000円の特約を付けていても、一日7,000円の代車を借りたらその金額しか支払われないということですね。

スポンサーリンク

似ているようで大分違う

ちょっと各保険会社のHPを確認してください。おそらく、代車費用特約とレンタカー費用特約と保険会社によって異なると思います。一見、呼び方が違うだけで補償内容は同じと思いますよね。違うんです。

レンタカー費用特約とは文字通り、レンタカーを借りたときにのみ支払い対象になります。代車費用特約は、レンタカーはもちろん、修理工場が格安で車を貸してくれた場合も対象になります。これ、大きな違いですよね。

レンタカーの定義

保険会社がレンタカーと定義する場合は、自動車を有料で貸し出す事業を申請し、認可されている業者から借りた車を指します。

利用する側からすると、レンタカー会社も自営業で中古車販売をしている人が格安で貸してくれても同じに思えますよね。なので、契約している自動車保険の特約がレンタカー費用特約という名称なら、万が一の場合は「○○レンタカー」と看板を出しているところから借りるようにしましょう。

自動車保険は弁当箱 - 分かりやすく事故に備える記事メニュー

<ライター:森村仁

スポンサーリンク