他車とは他人の車

他車運転保特約は、自動車保険に自動的に組み込まれている特約です。注意したいのは、他人の車を運転中の事故を補償するのであって、他の車ではないということです。また、適用になる車種の条件もありますが、自家用車と聞いてイメージする自動車であれば対象と考えてください。まさかプライベートで4tトラックを友人から借りるなんて稀ですからね。

自分の保険内容がほぼ適用される

他車運転特約では、以下の補償が適用されます。

  • 対人賠償保険
  • 対物賠償保険
  • 人身傷害保険
  • 車両保険(付帯している場合)

搭乗者傷害保険は契約している自動車に搭乗中の補償ですから対象外です。人身傷害保険は、「契約の自動車に乗っているときのみ補償」と限定されている場合は対象外です。

こういった場合に助かる

リサイクルショップでテーブルを買ったとします。自分の車はセダンなので乗せることはできません。そこで、友人からワンボックスカーを借りました。友人は二つ返事で貸してくれたので、お礼に菓子折でも贈ろうと思います。

さて、いい買い物ができたとニコニコして自宅の前に駐車しようとしたところ、後方の間隔がうまくつかめず塀にぶつけてしまいました。ハッチバックは一度開けたら閉まらず、リアガラスも割れています。お礼をするどころか、恩を仇で返すような行為ですね。

こういった場合、自分の保険に車両保険が付いていれば、友人の車を修理することが可能です。友人の車をぶつけてしまったという事実は残りますが、自分の保険で弁償できるのですから、険悪な関係にはならないでしょう。

自動車保険は弁当箱 - 分かりやすく事故に備える記事メニュー

<ライター:森村仁

スポンサーリンク

お読みいただきありがとうございます。もしよろしければ、シェアをお願いいたします。

5月5日【端午の節句】準備はお済みですか?
絞り染め鯉のぼりの画像

京都の絞り染め着物職人が作る「室内用鯉のぼり」。着物の正絹を使い、昔ながらの職人技で丹念に手作りしています。

日本の伝統をお部屋に飾ってみませんか?

こどもの日のあとも、和を彩る壁飾りとして、子どもの健康と成長をいつまでも見守るお守りとして、ずっと飾り続けられるインテリア鯉のぼりです。