自分で作ると何かひと味足りない…。

べちゃっと水っぽくなる…。簡単なようで、実は奥が深いポテトサラダ。

どうしたらおいしく仕上げるコツをまとめてみました。

サラダ向きの品種を選ぶ

ねっとりした"メークイン"は煮物、ホクホクな"北あかり"はマッシュポテトなど、品種によって調理の仕方に向き不向きがあるじゃがいも。ポテトサラダに向いているのは、でんぷん質でホクホクした"男爵いも"です。"北あかり"や"とうや"という品種でもいいですね。じゃがいもを買うときは、しっかり種類をチェックしましょう。

ゆでるじゃがいもの大きさと火加減に注意

じゃがいもは皮つきのままゆでた方が良いという声もありますが、自分の経験上では皮をむいてからゆでても、特に出来上がりが悪くなったことはありません。

水からゆで始め、じゃがいもに火が通るまで沸騰直前の火加減を維持。そうすることででんぷん質が糖化し、素材の甘味を引き出すことができます。

ゆであがったら鍋に残ったお湯を捨て、強火にかけて鍋をゆすりながら水分を飛ばすと、ほっくり仕上がります。

具材の水気をしっかり切る

ポテトサラダが水っぽくなるのは、具も大きな原因。きゅうりやキャベツなどは塩でもんだ後、手でぎゅーっとつかんでよく水気を絞りましょう。

マヨネーズ以外の味付けや潰すのは熱いうちに

じゃがいもは熱いうちの方が潰しやすく、調味料もよくなじみます。冷めてから潰すと粘りが出て食感が悪くなるので、手早い作業するのもポイント。

ただ、マヨネーズだけは粗熱が取れてから加えてください。じゃがいもの熱により、酢を油が分離してしまいます。

ゆで卵を入れる

ゆで卵を加えるとコクがアップし、マヨネーズだけよりもまろやかに仕上がります。黄身はつぶし、白身は包丁で細かく刻んで。

家庭によってポテトサラダの作り方は様々だと思いますが、一つの参考にしてください。

スポンサーリンク

お読みいただきありがとうございます。もしよろしければ、シェアをお願いいたします。

免疫力を高めて菌に負けない抗菌パワー
おすすめマヌカハニー

マヌカハニーの高い抗菌作用をもたらす抗菌活性物質は、MGO(食物メチルグリオキサール)であることがドイツのドレスデン大学のトーマス・ヘレン教授によって発見され、MGOの測定法が標準化されています。

医療用にも使われるマヌカハニーを購入する際は、MGO抗菌グレード(数値が高いほど抗菌力がある)をお確かめください。
初心者には、MGO 250+の初めてセットがおすすめです。