98歳のおばあちゃんと猫が登場します。

魚釣りが得意な猫は、おばあちゃんも一緒に魚釣りをしようと誘います。でもおばあちゃんは「だって、私は98だもの」と年齢を理由にいつも断っていました。

さて、おばあちゃんの99歳の誕生日。猫は誕生日のためのロウソクを99本買ってくるように頼まれます。しかし、トラブルのために持ち帰れたロウソクはたったの5本。あれ?ケーキに立てたロウソクは5本だから、おばあちゃんは5歳になっちゃった!5歳になったおばあちゃんは猫に誘われて魚釣りへと出かけます。

5歳になったおばあちゃんは子供のように軽やかです。花を摘んだり、川を飛び越えたり、川に入って魚を捕まえたり……。見ていて微笑ましくなります。年齢を理由に家を離れたがらなかった以前のおばあちゃんが嘘のようです。

年齢だけでなく、いろんな言い訳をして一歩踏み出せないでいる多くの人へ、勇気を与えてくれる絵本です。

※『だってだっての おばあさん』佐野洋子(作・絵)、1985年、フレーベル館

スポンサーリンク

お読みいただきありがとうございます。もしよろしければ、シェアをお願いいたします。

栄養野菜そのまんまパウダー
青汁を一杯あたりの価格で比較

自然野菜の粉末100%は、青汁がおすすめ! 栄養価の高い原材料を使っているから、しっかりと野菜を摂取。

青汁カフェなら、一杯あたりの価格で青汁を比較できます。

気になるあの青汁は、一杯いくら?

野菜不足が気になるけれど、サプリメントはちょっと・・・という方にも、天然素材100%の粉末青汁なら安心ですね。

野菜不足で健康を損なう前に、一度お試しください。