最初に小学生の女の子「まみこ」が登場します。まみこが学校へ行く前にお母さんに謎かけします。「おかあさん、きょうは なんのひだか、しってるの?しーらないの、しらないの、しらなきゃ かいだん 三だんめ」。まみこは歌を歌って、スキップしながら行ってしまいます。まみこはとても楽しそうです。

さて、お母さんが階段の3段目を見ると、赤い紐を結んだ手紙がぬいぐるみと一緒に置いてあります。手紙には「ケーキの箱を見て」とあり、ケーキの箱の中の手紙には「次は傘たての中を見て」と、続きます。お母さんはまみこが仕掛けた手紙をあちこち探しまわって、ようやくまみこからのプレゼントを見つけ出します。

謎解きも楽しいですが、まみこの謎かけを優しく受け止めて楽しむお母さん、お父さんの姿から幸福な家庭の様子が浮かび上がってきます。

読み聞かせするなら4歳くらいからです。

※『きょうはなんのひ?』瀬田貞二・作、林明子・絵、福音館書店、1979年

スポンサーリンク

お読みいただきありがとうございます。もしよろしければ、シェアをお願いいたします。

5月5日【端午の節句】準備はお済みですか?
絞り染め鯉のぼりの画像

京都の絞り染め着物職人が作る「室内用鯉のぼり」。着物の正絹を使い、昔ながらの職人技で丹念に手作りしています。

日本の伝統をお部屋に飾ってみませんか?

こどもの日のあとも、和を彩る壁飾りとして、子どもの健康と成長をいつまでも見守るお守りとして、ずっと飾り続けられるインテリア鯉のぼりです。