アメリカ生まれの傑作童話シリーズ「黒ネコジェニーのおはなし」をご紹介します。

「ジェニー」はニューヨークに住む、赤いマフラーがトレードマークの小さな黒猫です。ネコの集まりの「キャット・クラブ」に入りたいけれど、人見知りのジェニーはなかなか中に入っていくことができません。ジェニーの主人キャプテン・ティンカーは、ジェニーのために赤いマフラーを編んでくれたり、クリスマスに猫が履けるスケート靴をプレゼントしてくれます。

ジェニーが飼い主や友達に見守られながら成長していく姿が微笑ましく、読んでいると優しい気持ちになります。ジェニーが悩んだり頑張ったりしている姿を見ると応援したくなりますね。小学生くらいの年頃のお子さんにおすすめの児童書です。

赤いマフラーが素敵なジェニーの挿絵も可愛らしいです。

シリーズの2巻・3巻も刊行されています。

※『ジェニーとキャットクラブ』(黒ネコジェニーのおはなし1)エスター・アベリル/作・絵、松岡享子/張替惠子(共訳)、福音館書店、2011年

スポンサーリンク

お読みいただきありがとうございます。もしよろしければ、シェアをお願いいたします。

5月5日【端午の節句】準備はお済みですか?
絞り染め鯉のぼりの画像

京都の絞り染め着物職人が作る「室内用鯉のぼり」。着物の正絹を使い、昔ながらの職人技で丹念に手作りしています。

日本の伝統をお部屋に飾ってみませんか?

こどもの日のあとも、和を彩る壁飾りとして、子どもの健康と成長をいつまでも見守るお守りとして、ずっと飾り続けられるインテリア鯉のぼりです。