現在、子供が「はじめてのおつかい」を経験するのは何歳くらいでしょうか?

1977年に発行されたロングセラー『はじめてのおつかい』に登場する「みいちゃん」は5歳です。

赤ちゃんの牛乳を買ってきてほしいとママに頼まれたみいちゃん。責任感いっぱいで、さあ出発です!

途中で転んで100円玉を落としてしまったり、お店の人がなかなか出てきてくれなかったりして、その度にみいちゃんの心臓はドキドキです。不安と戦いながら、それでも一生懸命責任を果たそうとする女の子の姿が健気で、読んでいると応援したくなります。

同じ年頃のお子さんなら、ドキドキはらはらしながら「みいちゃん」に共感するのではないでしょうか。

読んであげるなら3歳くらいからおすすめの絵本です。町や商店の細部にも気を配りながら読むと更に楽しめます。

※『はじめてのおつかい』筒井頼子/作、林明子/絵、福音館書店、1977年

スポンサーリンク
7日間の捕獲ダニ数 2,428匹
ダニピタ君

痕が残るダニ刺され、ダニアレルギー、むず痒くて眠れない! こんな悩みを抱えてはいませんか?
【解決法は、ダニを生きたまま捕ること】
生け捕りなら、ダニの死骸が飛散せず、ハウスダストが減少します。ダニピタ君は、簡単、置くだけ、手間いらずで、ダニ捕獲する新しいダニ対策です。