部屋はどこもかしこもいっぱいで、これ以上衣類や寝具を収納できる場所がない!というときは、“すきま収納”の出番です。

無駄な空間になりがちなベッド下も貴重な収納スペース。ベッド下に空間がある場合は、サイズの合ったボックスを使って収納場所として有効活用しましょう。

アイリスオーヤマ ベッド下収納ボックス


ベッドの下に驚くほどピッタリ収まる、高さ16.5cmのプラスチック収納ケース。奥行は95cmもあるので、シーツや枕カバーなどの寝具はもちろん、長めの衣類の収納にも使えます。単品の他、お得な2個セットや4個セットもあります。

ベッド下収納(W80CM2コセット)

移動に便利なキャスター付き。また、手前にはベッド下から出し入れしやすい取っ手が付いています。引き出しの内寸幅が広めなので洋服の他、サイズが大きいベッドリネンから、本やオモチャの収納まで可能。さらに奥行も36cmあるので、クリーニングのタタミワイシャツを縦に入れるのもジャストサイズとなっています。一人暮らしの方や、収納場所に困っている方におすすめです。

ベッド下収納2個セット

高さ16.5cmの薄型ケースで、ベッドや高めのソファの下に入れて使えます。引き出しやすいコロコロ付き。また、フタは中折れ仕様になっているので、半分引き出しただけでも開けられます。中身が見えないので見た目もスッキリし、お客さんが来たときにも安心です。

収納力を備えたベッドを選ぶ

これからベッドを買う予定がある方は、最初から引き出しがついていて、収納できるようになったタイプを選ぶのもいいですね。

スポンサーリンク

お読みいただきありがとうございます。もしよろしければ、シェアをお願いいたします。

5月5日【端午の節句】準備はお済みですか?
絞り染め鯉のぼりの画像

京都の絞り染め着物職人が作る「室内用鯉のぼり」。着物の正絹を使い、昔ながらの職人技で丹念に手作りしています。

日本の伝統をお部屋に飾ってみませんか?

こどもの日のあとも、和を彩る壁飾りとして、子どもの健康と成長をいつまでも見守るお守りとして、ずっと飾り続けられるインテリア鯉のぼりです。