安くて手軽に食べられるインスタントラーメンは、食事としてはもちろん、小腹が空いたときのためにも、常備しておくと便利な食品ですよね。

せっかくなら、最大限おいしい食べ方をしてみませんか?

麺とスープは別々に

インスタントラーメンは、麺とスープを別々に作ると味がグンとアップします。
生タイプ麺の場合は、ゆで上がったらすぐ冷水にとると粉っぽさが消えるので、その後、熱湯をかけてからスープに戻します。

麺は固めにゆでる

家庭でラーメンを作るときは、麺を固めにゆでるのがコツです。特に2人前以上の量を作るときには、盛りつけている間に麺が伸びてしまうので、その分も計算に入れて、芯が残るくらいのゆで方にしておきましょう。

スープにゴマ油を1滴

インスタントラーメンのスープを作るとき、仕上げにゴマ油を1滴たらすと、風味がグンとアップして本格派の味になります。ゴマ油の他に、ネギ油や鶏油、XO醤をたらすのもおすすめです。

アレンジのアイデアは無限

インスタントラーメンの醍醐味は、具を工夫することでさまざまな味を楽しめるところです。チャーシューや卵などはもちろん、野菜炒めやレトルトのカニ玉、麻婆豆腐などをのせると、ワンランク上のラーメンになります。その他、冷凍の八宝菜を加えて五目ラーメンにしたり、キムチを加えてキムチラーメンにしたりなど、アイデアは無限です。

カップ麺の待ち時間はなぜ3分?

カップ麺における現在の技術では、1分で麺が十分ほぐれて食べられる状態になるそうなのですが、なぜ待ち時間が昔も今も3分なのかというと、1分では早すぎて食欲が減殺され、5分では待ちくたびれてイライラする、ということで、これが空腹感を増し、期待を生むのにちょうどいい待ち時間だからだそうです。

スポンサーリンク

お読みいただきありがとうございます。もしよろしければ、シェアをお願いいたします。

~ 野菜不足で健康を損なう前に ~
青汁カフェ

一杯あたりの価格で青汁を比較して、お買い得の青汁を見つけましょう!

ネットで購入できるすべての青汁を、ユーザーの立場でご紹介。

怪しい青汁は事前に排除し、本当におすすめできる青汁だけをピックアップしています。

青汁選びで失敗しないために、是非ご利用ください。